若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

野田新体制人事を表にしてみました。(増税関連ニュースと僕なりの政治家の金の理想論)  

たばこ毎年100円ずつ値上げ…厚労相意欲
(読売新聞 - 09月05日 15:15)



さっそく財務省の犬と化した野田内閣はたばこと消費税
これから一体どのような形で増税と円高を一定に保つふざけた国会運営がなされていくのか・・・自民党が国会で言っていた言葉・・・管総理に行っていただいている方が自民党としては良いのですが・・・まぁ簡単に言ってしまうとこういう事も一部含まれる。

日本に必要なことは民主党と公明党の解体及びその関連団体の定款踰越実態における罰則強化と実行だとえいるだろう。
国や行政の認可以上の事を行っている団体と官僚や財団の財産保全を行っていけば、日本の国力が低下していくだけである。
財産保全は正確な言葉ではない。
円安を考慮した市場経済の円滑化がわかる金持ちや大企業は稼ぐチャンスでもある。
財務官僚の言いなりは日本経済を徹底的に疲弊させ、彼らもいずれは地獄を観ることだろう。


したたか?野田人事…党内融和と増税シフト

消費税&所得税、25年度同時増税の恐怖 家計負担一気に12万円増

野田首相誕生 厳しい海外メディアの論評


どもでっす。
野田内閣が発足し、安定かどうかはこれからの動向なのでわからないのできっちり観ていこうかと考える今日この頃皆さんいかがお過ごしですかぁ。

野田総理のつい最近時効となった外国人献金問題が今頃になって発覚し、いろいろニュースになっております。

いやーな予感としては当然、この内閣の布陣を考えれば公職選挙法や政治資金規正法の改正は絶対に浮上してくるはず。

・・・とこの日記を書いていたら案の定浮上していやがった。

野田首相に外国人献金「法改正が必要だ」 藤村官房長官

確実に政治資金規正法
21条 労働組合等の公務員からの献金禁止
22条 5千万円上限の撤廃
22条の5 外国人献金禁止
22条の6の2 政治資金団体に係る寄附の方法の制限
22条の8 政治資金パーティーの対価の支払に関する制限
22条の9 政治活動に関する寄附又は政治資金パーティーの対価の支払への公務員の関与等の制限

まぁこれらの法律が少なくとも民主党の現体制を維持するためには絶対に緩和せねば存続できないほど内部は酷い有様であろう。
だが、ここは日本である。
法律が制定されても、過去の事例までその法律が及ぶことは余程の事が無い限りありえない。
それは法律の趣旨を考慮するとそれが前提でなければ、後の制定する法律で罰されたり、罪を逃れるものが出てきてしまい、世の中が狂ってしまうからだ。

・・・ちなみにお隣の国韓国は施行された法律が前の行動に影響を及ぼす恐ろしい国なので、政権交代が行われると確実と言っていいほど与党だった方は犯罪者となる。

民主党はというと・・・韓国・中国・在日・日教組・マスコミ・広告代理店・同和・部落・自治労・労働組合・凱旋右翼・左翼・暴力団が支持母体なわけだから・・・。

恐ろしい世の中になるかもしれない。

ちなみにこの野田内閣・・・評価すると全ての会派がごちゃ混ぜになっている調整型の内閣となっている。
確か、挙党一致と叫んでいたが、民主党は考え方の異なっている人間の集まりであるので、これって・・・法案もまとまらなければ閣僚の足並みも揃う事もない。

大丈夫とはとても言い難いと言わざるを得ない。


公職選挙法は221条から罰則規定があるのだが・・・221条の条文を是非読んでいただきたい。
・・・これを調べたら絶対に民主党の役員は相当数罰則に適用する事由がたくさんでてくることだろう。
正直、まともに法律通り行えば、民主党の閣僚は見事に全員どうにもなりはしないほどのほこりが出てきてしまう事でしょう。


僕はハッキリという。(相当理想論だが不可能とは思わない)
政治家の給料は上げてよい。(一人5000万でも国政を取り仕切る議員には安い業務であり、給料でもある。地方議員なら1500万くらいだろう)
ただし、選挙費用の上限をしっかりと取り決める。(100万~200万)
出馬の供託金300万円を20万円に引き下げる。
政治資金規正法から寄付行為の全面禁止を行う。
小選挙区制&比例代表制を撤廃し中選挙区制に戻す。(組織票防止と有名人当選ばかりの防止と政策重視に話を戻す。)

恐らく皆さんは政治家の給料が高いなんて思っていることだろう。
全く高くない!!!
国政を執り行う日本最大の権力を行使する人間には高給で行わないと、企業・宗教・各種団体等の間接的迂回献金がいつまで経ってもなくならない。

これこそがマスコミの情報に踊らされていると言い切れる。

現在の当選した地元の国会議員を観てみてください。
マイナーな方ほど人気取りの行いと地方癒着や企業の挨拶回りに必死になっている。
それは選挙資金の確保が目的になっていて、国政による法律と国家予算の思想が二の次になってしまっているからです。

ヨーロッパの選挙はとても地味であるにも拘らず、大勢の人間がそれをしっかりと考えて投票を行っている。

選挙資金による大小で当選が確定する世の中で政治が良くなるわけがない。

残念ながら世の中は金である。

ただ、それがしっかりと合理的に運営される構造になっているか。
そこが問題の本質だと僕は思う。

今の皆が考える給料において唱えている者は給料ではない。
官僚・国会議員・天下りを含めた”退職金と優遇年金”の事である。

給料と退職金を一緒に考えるから話がややこしくなる。
マスコミがこれを一緒にして給料と報道するのだから致し方ないといえば致し方ないのだが・・・。

”国会議員は権力者である。税金で高額与えるのと、各民間から受け取る・・・どっちがクリーンなんだ!!!”
結局どちらを選んでも国である以上、絶対に権力者はお金を多額にもらうものである。
どちらが腐りにくい政治を行うか・・・一目瞭然と僕は思う。


ちなみに今回の内閣はこちら。
※基本的にわからない人も多い分野と思ったので軽い説明とwikiとURLを載せておきました。
各省庁の詳しい業務内容はwikiの概略に書いてありますよー。(あれを載せると長いので今回は省いています。)

☆野田内閣 閣僚名簿
内閣総理大臣・・・行政権の属する内閣(行政府)の首長(議会の決議を経て法律を制定する立法と法を基として民事事件や刑事事件を解決したり裁判する司法以外の全権のトップと考えていただければいい。)

(内閣府wiki)

(内閣府URL)


 野田佳彦

総務大臣・・・総務省の長である国務大臣

(総務省wiki)

(総務省URL)

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策地域主権推進)地域活性化担当)
 川端達夫

法務大臣・・・法務省の長である国務大臣

(法務省wiki)

(法務省URL)

 平岡秀夫

外務大臣・・・日本の外交を担当する閣僚であり、外務省を所管する国務大臣

(外務省wiki)

(外務省URL)

 玄葉光一郎

財務大臣・・・各国において財務、財政、金融などを担当する大臣、長官のこと

(財務省wiki)

(財務省URL)

 安住淳

文部科学大臣・・・文部科学省を担当する国務大臣であり、文部科学省の長である

(文部科学省wiki)

(文部科学省URL)

 中川正春

厚生労働大臣・・・日本の厚生労働省を所管する国務大臣である

(厚生労働省wiki)

(厚生労働省URL)

 小宮山洋子

農林水産大臣・・・農林水産省を所管する国務大臣である

(農林水産省wiki)

(農林水産省URL)

 鹿野道彦

経済産業大臣・・・通商および産業政策を担当する閣僚。日本の経済産業省を所管する国務大臣

(経済産業省wiki)

(経済産業省URL)

原子力経済被害担当
 鉢呂吉雄

国土交通大臣・・・国土の総合的、体系的な利用・開発・保全、そのための社会資本の整合的な整備、交通政策の推進等を担う

(国土交通省wiki)

(国土交通省URL)

海洋政策担当
 前田武志

環境大臣・・・環境の保全・管理、廃棄物対策等を行う

(環境省wiki)

(環境省URL)

原発事故の収束及び再発防止担当
内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償支援機構)
 細野豪志

防衛大臣・・・防衛省の最高責任者であるとともに、自衛隊の最高司令官である内閣総理大臣の下で(統合幕僚長を通じて)自衛隊全体を統督する

(防衛省wiki)

(防衛省・自衛隊URL)

 一川保夫

内閣官房長官・・・内閣官房の事務を統轄し、所部の職員の服務につき、これを統督する
(総理大臣官邸wiki)

(内閣官房wiki)

(内閣官房URL)

 藤村修

国家公安委員会委員長・・・内閣府の外局である国家公安委員会の長であり、警察法第6条により国務大臣をもって充てられる。

(国家公安委員会wiki)

(国家公安委員会URL)

(警察庁wiki)

(警察庁URL)

内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)
拉致問題担当
 山岡賢次

○郵政改革担当
内閣府特命担当大臣(金融)
 自見庄三郎

○国家戦略担当
内閣府特命担当大臣(経済財政政策・科学技術政策)
社会保障・税一体改革担当
宇宙開発担当
 古川 元久

○内閣府特命担当大臣(行政刷新「新しい公共」・少子化対策・男女共同参画)
公務員制度改革担当
 蓮舫

○東日本大震災復興対策担当
内閣府特命担当大臣(防災)
 平野達男

(平成23年9月2日発足)

○内閣官房副長官
 齋藤勁

○内閣官房副長官
 長浜博行

○内閣官房副長官
 竹歳誠

○内閣法制局長官
 梶田信一郎


☆民主党役員一覧
○最高顧問・・・意志決定を行う権限を持たないが、意見を述べる役職やその役職に就いている者のことである。通称ご意見番
 羽田孜、鳩山由紀夫、菅直人、渡部恒三、江田五月、藤井裕久、岡田克也
○代表・・・党になりかわって外部に意見を表すもの。No.1
 野田佳彦
○副代表・・・基本的には代表の補佐役と考えてくれるといい。
 北澤俊美、直嶋正行、岡崎トミ子、田中慶秋
幹事長・・・幹事集団(幹事会、常任幹事会)の長。組織内に関わる職務を行なう役職のうち最高位。簡単に言うとNo.2

 輿石東
○幹事長代行
 樽床伸二
○幹事長代理
 城島光力
○政策調査会長・・・政策部会(民主党だと政策調査会・自民党だと政務調査会)において政党に設置されている選挙公約や政策の立法の立案に関する機関の長のこと。
 前原誠司
○政調会長代行
 仙谷由人
○政調会長代理
 三井辨雄、櫻井充
○国会対策委員長・・・本会議の日程や委員会などを非公開の場(俗に国対委員長会談と呼ぶ)で討論する上での長。各国は議会運営については公開が原則なので日本はこの分野において透明性が無い。これにより委員会の内容も決定するので人事としては非常に重要である。
 平野博文
○国対委員長代理
 松本剛明、加藤公一
○参議院議員会長
 輿石東
○参議院幹事長
 平田健二
○参議院国会対策委員長
 羽田雄一郎
○常任幹事会議長
 中野寛成
○選挙対策委員長
 高木義明
○総務委員長
 田中直紀
○財務委員長
 武正公一
○組織委員長
 古本伸一郎
○広報委員長
 広野ただし
○企業団体対策委員長
 池口修次
○国民運動委員長
 近藤洋介
○両院議員総会長
 直嶋正行
○代議士会長
 細川律夫
○中央代表選挙管理委員長・委員
 岡崎トミ子
○会計監査
 沓掛哲男、大石尚子
○倫理委員長
 北澤俊美

☆各委員長
○内閣委員長
 荒井聰
○総務委員長
 原口一博
○法務委員長
 小林興起
○外務委員長
 田中真紀子
○財務金融委員長
 海江田万里
○文部科学委員長
 石毛鍈子
○厚生労働委員長
 池田元久
○農林水産委員長
 吉田公一
○経済産業委員長
 吉田おさむ
○国土交通委員長
 伴野豊
○環境委員長
 生方幸夫
○安全保障委員長
 東祥三
○国家基本政策委員長
 田中けいしゅう
○予算委員長
 中井 洽
○議員運営委員長
 小平忠正

○災害対策特別委員長
 村井宗明
○政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長
 山田正彦
○海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員長
 須藤信彦
○北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員長
 中津川博郷
○消費者問題に関する特別委員長
 青木愛
○科学技術・イノベーション推進特別委員長
 松宮勲
○郵政改革に関する特別委員長
 赤松広隆
○東日本大震災復興特別委員長
 古賀一成

○政治倫理審査会長
 川内博史
○憲法審査会長
 大畠章宏
スポンサーサイト

Posted on 2011/09/06 Tue. 11:49 [edit]

category: 内閣/日銀

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/119-11f3beda
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top