若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

TPPについての野田の馬鹿すぎる対応とFTAAPの独自の説明  

農相答弁に慌てる首相…TPPで認識不一致
(読売新聞 - 11月15日 21:50)



この国会は本当に異常尽くしだ。
閣内の意見調整が出来ないなんてハッキリ言ってかわいい。

まず、野田総理が未だにTPPについて正確な知識がまるで無いだけでなく、勉強すらしようとしていない。
TPPの上位にあたるFTAAPで自由貿易協定を締結しようとしている。
困った事に野田首相は本気で自由貿易協定を行なうと日本経済は幸せになるといっている。

その証拠にアジア太平洋地域が自由で繁栄した地域になれば、結果として安全保障の安定にもつながる・・・なーんて口走る始末だ。
・・・殆どの関税が恐ろしいほど安い本国において経済発展する要素は無い。

ちなみに・・・TPPの日本からの交渉は事実上不可能である。
日本が今から交渉参加を表明しても5月からが最短であり・・・TPPの原文はほぼ出来上がっている。この原文が出来上がっている状況でわずか2ヶ月という期間においては他の8カ国と交渉して締結できるわけが無い。
そもそも勝負が1国VS8カ国であるのだから・・・。

○11.15参議院予算委員会山本一太議員(自民)



TPPについての議論である。
・・・あまりにも酷すぎるので是非拝見していただきたい。
いかに野田首相がTPPの知識がなく、いい加減な外交をしてきたかよくわかります。
アメリカに対して2枚舌を使ってしまった恐ろしい答弁。
確実にアメリカは鳩山内閣の時と同じように強烈な外交圧力をこれからかけて来ることだろう。

結論はというと・・・。
・アメリカ政府発表に対する訂正は行なわず、参加交渉に入る事を政府から否定する事はない。
・私が述べた事で正確に伝わっていると思う。
・TPPについては日本に不利益であれば不参加もありうる(恐らく買い文句)


・・・このニュースがこの議論の内容をそのままアメリカサイドから言ってきている。

野田首相TPP「2枚舌」? 米国激怒、「踏み絵」突きつける


今まで日本で通用?していた曖昧な表現と責任を取らないいい加減な政治手法を外交で行なってしまった・・・。
予想していたとはいえ、これは日本にとって恐ろしいほどの国益を損なう行為であったと言わざるを得ないが・・・政権交代した時、どうなるのだろうねぇ~。

アメリカからの外交提案でまともだった事なんて今までないのだから。


FTAAPとは。
アジア太平洋自由貿易圏(日本語)
Free Trade Area of Asia-Pacific(英語)

2004年に構想がAPECで発表され、2006年にブッシュ大統領が提案ものである。
APEC二十一カ国・地域全体で関税などを撤廃する自由貿易圏構想である。

世界人口の四割、国内総生産(GDP)の六割を占めるAPEC地域を一つの巨大経済圏とすることで、自国多国籍大企業や投資家によるアジア太平洋地域への資源・市場支配を強めようという構想がこれである。


○APEC加盟国
シンガポール、チリ、ニュージーランド、ブルネイ、オーストラリア、ペルー、アメリカ、ベトナム、マレーシア、日本、カナダ、メキシコ、フィリピン、パプアニューギニア、ロシア、インドネシア、タイ、韓国、台湾、中国

○TPP加盟国(前4カ国は加盟)・参加交渉予定国(後ろ5カ国は参加交渉意思だけ)
シンガポール、チリ、ニュージーランド、ブルネイ、オーストラリア、ペルー、アメリカ、ベトナム、マレーシア、日本、カナダ、メキシコ、フィリピン、パプアニューギニア

比較すればわかる。
完全に中国・韓国・ロシア・台湾等を巻き込んだ経済連携協定をしていくことである。


・・・実はこの構想でアメリカは自国の税金が徴収できずに自滅している事が2004年時点で確定しており、アメリカはここから政府は多国籍企業と投資家に政府が乗っ取られている状況が続いている。

そう、政府は多国籍企業や投資家から税を殆ど徴収できず、一般市民と政府は貧乏になり、多国籍企業と投資家だけが富を得る構図が出来上がり、アメリカのデフレの原因がこれにあることは明らかである。
日本も現在これに近い状況である。


ちなみに・・・EPAはすでにASEAN各国と随分締結が終わっており・・・TPPに加盟する意味はまるでないことを以前の日記に書かせていただいた。

結論から言ってしまおう。
ニュージーランドとアメリカ以外とは締結が完了している。(新たなカナダも含む)


TPPやFTAAPに参加することが日本にとっての国益はほぼ生むことは無いだろう。
身近でいえばEUと同じ失敗をしてはならない。
経済連携協定を行なっていくのなら2国間での取り決めで行っていくことが重要なのであり、これから行うべき事は多国籍企業から両国間でしっかりと税金を徴収できる法整備を行っていくことが重要なのである。


======================

TPP反対デモ(11月26日土曜日13時~)
HP
Mixiコミュニティ
my日本
FreeJapan

賛同コミュ
TPP参加に反対します!(Mixi)

2チャンネル等の呼びかけの方法がわからないので掲載していません。
======================


・・・まだ作成したばかりなので1日1回更新いたします。
スポンサーサイト

Posted on 2011/11/16 Wed. 20:10 [edit]

category: TPP・FTAAP・日中韓FTA

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/154-8ede9b38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top