若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

自由貿易と保護貿易の意味を何故検証しないのだろう。  

TPP交渉参加、経済活性化につながる…首相
(読売新聞 - 11月17日 20:36)



アジアの成長エンジンと称した経済的な多国籍企業・投資による半植民地化を自国や発展途上国に強いるなんて非人道的なことを我々はしてはいけない!

・・・そもそもTPPに入れば日本の一般人もそうなってしまうのだが・・・。
さぁて、まともにTPPに入ったら全ての国内法は投資家の都合により競争原理のための改悪を行う事となるだろう。


◎有名なのはこちらの3つ

・ISD条項(投資家・多国籍企業が国を訴えることができる)
・ネガティブリスト方式(選んだ項目以外は全て自由貿易なのでどんな有害な新商品をだそうともネガティブリスト方式では輸入・輸出を止める事が出来ない。たとえ選んだとしてもまともに書けば広辞苑並みの分厚さでは足りない事となるだろう。)
・ラチェット規定(一旦自由貿易を許したら二度と規制をかけることが出来ない)

=================

他のデメリットはこちらをご参照ください。

=================

これでも協議に入るというが、先日も書いたように交渉内容の調整は事実上不可能です。
交渉が行なえるとしたらTPPについては不参加を表明した後に、アメリカとの二国間協議で行うしか手段がありません。
(アメリカとは全ての分野が被っているので協議は確実に難航するが・・・。)


◎感想
○野田首相と一部のサヨクの考え
恐らく、野田総理はTPPの原文規定を知りません。
官僚と経団連や民団の言われたことが真実だと思い込んでいるかもしれません。
下手すると野田はわかっていて日本人を苦しめる為に行なっているのかもしれない。

※サヨクの方々の極論は”日本人は生まれた時から罪があり、未来永劫第二次世界大戦の侵略や中国・韓国を占領し非人道的な事をした報いと賠償を行なわなければならず、宗主国である中国・韓国の属国となることは当たり前とすら考える人達が多いのだから
(事実はこれの真逆である事は歴史を調べた人間はすぐに辿り着く)

そして国民にもあの内容は伝わっていないのです。


○国家の支配は 人民or投資家・多国籍企業 のどちらがいいですか?

まずはじめに・・・人・物・金全ての自由が行なわれるという事はどういう事か。

国家の定義は領土・国民を他の人や団体に束縛されずに統治する政治団体や共同体の事だと思います。

その上で、TPPの掲げる完全自由化を許すという事は、領土は貿易により金の持つ者が正義となる世の中になり、資源・物・金はそいつらの圧力により屈する事となります。
(本来は国が所有すべきインフラや領土が金の力で統治される事は国家の否定につながるのだが・・・。)

そりゃそうだ。
TPPの条文は参加相手国の法律を投資の有利なように全て改悪することができる事が書いてあるのだから。
そういう意味ではISD条項すら生易しい・・・。

国民も貿易や投資に有利になるよう行なわれるのだから、労働者階級は国によって守られていた最低賃金はもとより海外の労働者もほぼ無条件に受け入れなければならなくなるのは当然の話。

競争原理の行き着く先は超金持ちが投資を理由とした実効支配を金の力で行なう世の中となる。
しかも・・・労働者階級はそれを守るために給料は・・・加盟国全体が同一化する現象が起こることになるだろう。

コストダウンと効率が全てなので、全てが大型化し・・・一気に雇用が悪化しデフレは続いていく事だろう。
日本語というマイナー言語は英語等に駆逐され、人は多くの言語を使う事を強いられるだろう。

そして・・・投資家中心の社会は公害や安全性については本当に最低限しか守られることは無く、地球環境についてなんて競争社会では弱肉強食なので保護することもない。

砂漠化も現在の中国のような公害化も異文化同士のぶつかり合いに寄るスラム化及び治安悪化を招くだろう。

・・・笑えるような話に聞こえるだろうが・・・投資家や企業が統治するという事はそういうことが結論にならざるをえない。

なぜなら競争社会の根源は相手を蹴落とす合理化社会であり、その際にはコストダウンと後先を考えない自由な技術開発による販売汚染は確実化するのだから。
(モンサントの悪事をネットで調べるとよくわかるだろう。)

もう歴史がそれを証明をしてしまっている。
こういう暴走を食い止めるのが国内法の役目であり国家の責任なのだが・・・自由化はこれを解体してしまう。
国家は常に企業や投資家からみれば邪魔な存在である。

TPPに参加賛成の可否は、投資家や企業のための世の中を望むのか、国民中心の世の中を望むのか・・・実はこの2拓に行き着くのだから。

正にこれが”自由貿易と保護貿易”の差である。


◎もう一つだけ言おう。
”金融とは本来製造を補佐する役目以上の力を得てはいけない。”
この言葉の意味を株等を思い浮かべてちょっとだけ想像してみて欲しい。
如何に異常なことかわかります。


◎おまけ
ちなみに何故デモを立ち上げたのかというと。
当然、TPPやFTAAPに大反対だからですが、もう一つあります。
一般人の誰からも立ち上がらないから個人でもデモは出来るという事を皆に知ってもらいたいこと。
そして国民が日本を動かしていかなければならないという事を少しでも伝えたいから。


本当のメインはわずか4名での今回のデモ。(原文や構想は1人・・・主催者)
一般人から行なうってそういう事なんです。
でもね、一人が動くとHP作成してくれる人や動画を作成してくれる人・拡散してくれる仲間が増えていくのです。

デモは憲法で許されている国民の正当な権利です。
怪しいデモや威圧的な怖いイメージのデモは正直一般の人達には敷居が高すぎるのです。
だから僕はやわらかいシュプレヒコールと横断幕を作ることにしました。

例(こんな横断幕です)
TPP1


自分達や一般のTPP反対している方々にも世の中へ発言する場を作って世の中にTPP・FTAAPや政治の重要性を訴えていければいいと思いますので気軽に行進に参加してくださいね。

よろしくお願いしまーす。(*´∀`人)


======================

TPP反対デモ(11月26日土曜日13時~)
HP
Mixiコミュニティ
my日本
FreeJapan

賛同コミュ
TPP参加に反対します!(Mixi)

2チャンネル等の呼びかけの方法がわからないので掲載していません。
======================


・・・まだ作成したばかりなので1日1回更新いたします。
スポンサーサイト

Posted on 2011/11/18 Fri. 08:40 [edit]

category: TPP・FTAAP・日中韓FTA

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/156-43fb4335
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top