若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

本当に民主党は内閣法制局長官に国会答弁を許す判断をしたのか?  

法制局長官の国会答弁が復活へ


◎民主党における違憲判断を官僚に本気で戻すのだろうか?

えっと、何故このような判断を今頃になって野田政権はするのだろう。

これは「行政府における法の番人」の復活であり、これを参考にするということは違憲審査にも首を突っ込んでくる強烈な決定。

民主党政権において、元々はこの内閣法制局を無力化することによって全ての違憲判断は政府与党で判断してきた非常に民主党にとっては有利かつ売国政策を簡単に出せた最大の牙城のひとつ。


この特権を自ら捨て去るほど民主党は追い詰められたのだろうか。
僕はこの判断に驚きを隠せない。


閣議決定に先立って現行法の見地から問題がないかを審査するこの役職を復活させれば売国政策は簡単に提出はできないし、そういった法律を閣議決定しようとしても現行法のどの部分に抵触するかを官僚にもう一度吟味する機会を与え、そして法の判断を官僚に多少ゆだねるという決定である。
ヽ(*'0'*)ツ


これにより憲法違反や各種法律において言える事はこれから民主党が提出するような法案は全て官僚が吟味し、閣議決定していざ法律を制定しようとしても、法に抵触するなら中身のない法案に次々と修正を加えられる作業を民主党は本当に耐えることが出来、そしてこの官僚の意見を民主党本部は受け入れられるのだろうか。

まともな与党での審議であれば、これは賛否両論ではあるが、現在の政権は狂いすぎている民主党であるので短期的には大賛成ではある。
(まともな政党が握った場合は賛否両論)


賛成ではあるが、これって官僚票の獲得を狙った完全官僚体制の復活を意味することに他ならない。


◎官僚主導…円高を維持したい立場だが…。

現在においては財務省等の力が強く、完全な官僚天国になっている。

官僚にとってはデフレによる緩やかな円高が一番望まれる事は官僚の給料の世界価値を考慮すれば一目瞭然。

・・・デフレが続く決定なんだよなぁ・・・これ。



まぁこれからどうなるか見ものだねぇ。

そういえば韓国が現実上アメリカの経済植民地になり、在日本大韓民国民団(民潭)も相当危険な水域になっており、現実上の彼らを助けるには今官僚の力が必要なのかもしれない。

というより在日帰化人の票を民主党は失ったのかもしれないなぁ。
('-'*)


あの手この手で在日韓国人を守るには法律の番人の判断も必要なのかもしれないと推測したくもなる。

内閣法制局長官に国会答弁をさせない事は民主党の権利の象徴だったはずだ。

それを官僚に戻す決定はいまだに信じられない。

正直、この決定には驚いていてまともな判断は今の僕にはまだ情報が少なくできかねる。

総選挙を仕掛ける為に日本国民には一時的にまともな政治を行うことによって国民の期待をもう一度得たいのだろうか…。
(ノ゚ρ゚)ノ

僕の知識の無さと情報力の無さではこの決定の理由がわからない。



ただ、今日のトップニュースは僕にとってはこのニュースとなるかなぁ。

うーん、少し見守ることにしよう。





一応、僕らはこんなことをしていたりします。

====================
若者からの投票が日本を救う!!

ホームページ
ブログ

コミュニティ
mixi
my日本

動画
次から採用の動画でっす。

====================
スポンサーサイト

Posted on 2012/01/20 Fri. 19:58 [edit]

category: 内閣/日銀

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/184-a3b9a548
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top