若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ6.4.第10回『一票の価値は高いからこそ投票に行きましょう!デモパレード』を開催致しました!皆様ありがとうございました!ヽ(´▽`)ノ

現在の司法試験問題は金の問題だけじゃない!  

司法修習生「貸与制」見直しも…民自公が合意
(読売新聞 - 05月06日 12:26)


よくもまぁこのような表題を読売新聞はいつも通り書くもんだと思う。

司法試験についての問題で何名の弁護士の先生と会話した時に出てくる一言は大体これである。

”法科大学院の新司法試験合格者に使える弁護士がほとんどいない”

さて、皆さんはこの言葉をどのように考えますか?

○さて、現行制度では弁護士・検察官・裁判官になるにはこのような流れが必要である。

・法科大学院卒業→新司法試験→(5年内に3回以内に合格)→司法修習生→最終試験→弁護士・検事・裁判官
・司法試験予備試験→新司法試験→(5年内に3回以内に合格)→司法修習生→採取試験→弁護士・検事・裁判官

去年23年から司法試験予備試験は導入されていますが、たぶんこちらが今後は優遇されていくことでしょう。

根底の問題はお金持ちでないと弁護士になれないというものは”公平的立場で事件を裁いていく人間が金持ちしかいない状況では弱者救済を視野に入れた結果を導き出せない”ことだろう。

弁護士になるための資金で弁護士試験に合格した人間の最低限必要な最初の研修は大した合格者もいないのだからここは国費で賄うことも必要な話だと思う。


◎現在の新司法試験の問題はこちらである。

○法科大学院(ロースクール)に入学しなければ試験が受けられないこと。
(但し、司法試験予備試験という旧司法試験と同等の逃げ道が今年から一応ある。)
○法科大学院によっても2年・3年とバラバラで、大学による指導も一定となっておらず、実に不明慮。
○法科大学院の教育レベルの低さによる予備校とのダブルスクール問題による費用加算問題。
○法科大学院の司法試験合格率が法科大学院用の試験であっても低い。
○司法試験予備試験合格者が法律の条文にやたら詳しく実務研修は法科大学院の卒業生に比べると研修の知識に劣る。当然法科大学院は法律条文は司法試験予備試験合格者と比べるとどうしてもやる気の差で劣り、研修の知識では優れている。



◎対策は僕ならこうする。

○旧司法試験に戻す。もしくは司法試験予備試験の適用枠を拡大する。
○司法試験法に日本国籍条項を備え付けるべきである。
○現行法制度にしても司法修習におけるイデオロギーを含んだ研修を監視するべきである。


◎まずは問題の軽い詳細を書いてみよう。

○法科大学院(ロースクール)に入学しなければ試験が受けられないこと。
(但し、司法試験予備試験という旧司法試験と同等の逃げ道が今年から一応ある。)

そう、通常だとロースクールに入学しないと司法への道は始まらない。
ということは、学費の問題と現在の日本の学校における問題がそのまんま浮き彫りとなる。

資格試験の中で飛びぬけて難しい資格の一つであり、弁護士の資格ほど司法に影響を及ぼすものがないにも拘らず従来の数年間はここしかなかった。

ここに出てきたお坊ちゃん・お譲ちゃん弁護士しかいない期間の弁護士をゆとり弁護士という人もいる。

そう、あの超高難度の資格を大学院入学を条件とした金持ちが安泰で資格を取得できるようにしてしまったから弁護士の学力低下が著しい。

これから先に問題となるのは法科大学院卒業と司法試験予備試験合格者の差は広がることだろう。


○法科大学院によっても2年・3年とバラバラで、大学による指導も一定となっておらず、実に不明慮。

これは非常に問題がある。

教える側の大学の教え方等の基本姿勢があまり統一されていないから思想まで強要されるし、どうしても地方大学の水準が予備校の集中する都市部との差が開いてしまう。

当然だが、大学の質の開きは現実上の第三者認証評価の法科大学院不適合が続出しているようだ。


○法科大学院の教育レベルの低さによる予備校とのダブルスクール問題による費用加算問題。

現実上の司法試験合格には法科大学院の教育だけでは不十分であるようで、予備校の学習も結局は必要となり医者と同様、金持ち用の資格となってしまっている。

よって司法試験受験者減少による法科大学院の入学者の定員割れが起こってしまっている。


○法科大学院の司法試験合格率が法科大学院用の試験であっても低い。

当然だが、法科大学院に入学したら安心している学生も増えるので、さぼるお坊ちゃまやお嬢様が続出です。


○司法試験予備試験合格者が法律の条文にやたら詳しく実務研修は法科大学院の卒業生に比べると研修の知識に劣る。

当然法科大学院は法律条文は司法試験予備試験合格者と比べるとどうしてもやる気の差で劣り、研修の知識では優れている。


死に物狂いで合格を狙う司法試験予備試験合格者はどうしても条文に詳しくなる。それはやはり試験で合格しようとする気合の入り方が違う。

弁護士資格は貧乏人~金持ちまで全範囲で採用すべきだと僕は思う。




◎さて、対策の詳細を書くとしよう。

○旧司法試験に戻す
ぶっちゃけてしまうと法科大学院の大学ごとの実力差も大いにあり、弁護士の研修でよく囁かれている”思想(イデオロギー)の強要”もさせられるこの制度には非常に大きな疑問符があるため、廃止したほうが良い!!!

そういった意味では旧司法試験の試験を潜り抜ける良さを見直すべきだと思う。
僕は弁護士に比べれば非常に簡単に合格できる資格を2・3持っているが、どの試験においてもある一定の実力が備わらなければとてもじゃないけど合格できないというのが体感としてある。

そういう意味で司法試験予備試験制度を主軸におき、受けられる年数制限の撤廃をするべきだろう。


○司法試験法に日本国籍条項を備え付けるべきである。
そもそも弁護士や検察官・裁判官は三権の一翼を担う部分なので外国人を採用するなどもってのほか。
・・・国家を乗っ取られるこの恐ろしい事態をすぐに訂正していかないと本当に危険である。


○現行法制度にしても司法修習におけるイデオロギーを含んだ研修を監視するべきである。


・・・良く耳にする言葉がこちらである。
サヨク系列の司法修習において、弁護士等のあり方に紛争解決ではなく、国家観を強制するような研修があり、それに従った論文を強要されている節があるようである。

実際に確かめたわけではないが、大学ではよく教授が主張するような思想でないと単位をいつまでも認定しない事が発生する。
さて・・・現行はどのようになっていることやら・・・。

こんな事態を招くことを防ぐためには教える側の基準を明確化しなければならず、一定の思想を強要するような事を過度に行ったと評価した場合は教える側に強要し、それでも従わない場合には懲戒免職を課すべきだと僕は思う。



ちなみにここから外国人が日本の司法に入り込んで日本の国益を害している。

1976年に在日韓国人が司法試験に合格し、韓国籍のままでの採用を希望したことを許した事から司法試験に外国人が入り込んでいる。

最高裁は1977年に国籍条項は残したまま「相当と認めるものに限り、採用する」との方針を示し、2009年までに140人以上の外国籍の合格者が司法修習を受けた。

2009年に最高裁は司法修習生の選考要項から日本国籍を必要とする「国籍条項」を削除した。
・・・事なかれ主義の末路などこんなものである。


◎結論
僕なりの結論だけど、やはり弁護士資格の問題としては貧富の差による影響は大きい。
だが、それ以上に問題なのは外国人が日本の弁護士を取得できることによる弁護士会の腐敗及び外国のスパイ活動を簡単に行える環境がある事に最大の問題が孕んでいると思う。

大体、資格制度の各市区町村支部の役員は皆が成りたがらない立場ではあるが、ここに外国人弁護士を利用する国家が各市区町村支部の支部長から弁護士会県役員や理事に任命して国政や政治家の影響を与えたり、検事や裁判官にそのような人物が採用されれば過去の判例や法に則さない狂った判決を行うことになっても問題視はされるが、判決を覆すことよりも事実として認識される恐ろしい事態がやはり何件か生じているような気がする。

司法は三権の一翼を担っている以上、日本国籍が必須なのは当たり前である。
国防上どころか国のあり方すら問われる大問題なのではないかなぁ~と僕は素人ながら思います。
(* ̄∇ ̄*)エヘヘ




○参考
司法試験法

司法試験予備試験(法務省)

国籍条項wiki

司法修習wiki

法科大学院wiki




◎おまけのやや無駄知識
公務員は高校以上の卒業者は17年、それ以外は20年以上勤めると、行政書士が取得できます。
(もちろん、無試験です)

裁判所事務官、裁判所書記官、検察事務官、法務局の登記官(法務事務官)、として登記、供託若しくは訴訟の事務又はこれらの事務に準ずる法律的事務に従事した者であって、これらの事務に関し自己の責任において判断する地位に通算して10年以上勤続した人や簡易裁判所判事又は副検事としてその職務に従事した期間が通算して5年勤続した人は司法書士・土地家屋調査士のどちらかを資格としてもらえます。



◎全く関係ない話題だけど企画する事に致しました。

第4回『若者からの投票が日本経済を活性化させるパレード!!』

中年・高齢者の方の賛同者も募集していますよー。
(あくまで若者の投票率を上げる前に色々な方に政治に興味を持ってもらいたいだけです。
・・・中・高齢者が興味を持てば若者も興味を持っていただけると思います。)

マナーよく、人に迷惑をかけず、一般の人を怖がらせないようにお願いいたします。
※当日は警察の方が守ってくださいます。ご協力本当に感謝いたします。

のーんびりとゆるいデモパレードを行なおうと思っていますので、ご賛同頂ける方は是非当日いらしてくださいね。
☆ヽ(▽⌒*)よろしぅ♪

-*-
いたずら書き

前回は、おらの痔の話で盛り上がったけど、
次は、ワインちゃんの人妻熟女大好きネタでいきまっす!!!

合言葉は、「ひとづま~、じゅくじょ~、だいすきー!」でっせ!!!(ΦωΦ)フフフ

※真っ赤な痔・・・じゃなくて、ウソです。www


★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ等☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapanFaceBookTwitter

★★動画★★

横断幕

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2012/05/07 Mon. 12:12 [edit]

category: 教育/司法

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/238-27512963
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

検索フォーム

カレンダー

全記事表示

最新記事

カテゴリ

プロフィール

最新コメント

リンク(※あいうえお順)

QRコード

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top