若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

日中韓投資協定(その15) 第十四条 代位  

では第十四条をwww
o(*^▽^*)o~♪


『投資の促進、円滑化及び保護に関する日本国政府、大韓民国政府及び中華人民共和国政府の間の協定(訳文)経済産業省』(PDF)



第十四条
代位

一の締約国又はその指定する機関が、自国の投資家に対し、他の締約国の領域内にある当該投資家の投資財産に関連する損害の塡補(てんぽ)に係る契約、保証契約又は保険契約に基づいて支払を行う場合には、当該他の締約国は、次のことを承認する。
(a)当該一の締約国又はその指定する機関に対し、当該支払の前提となった当該投資家の権利又は請求権が譲渡されること。
(b)当該一の締約国又はその指定する機関が、代位により、当該投資家の当初の権利又は請求権と内容及び範囲において同じ権利又は請求権を行使する権利を有すること。


…締約国や指定する機関が自国の投資家に対して、他の締約国内にある自己所有投資財産についての損害の填補(埋め合わせ)・補償・保険契約に基づいて支払う場合は一度締約国や指定機関に権利・請求権が譲渡され、国や指定機関が代位(一定の理由によって他人の権利を自らが行使する事)による本人の代わりに請求権の範囲で行使する権利を有する。

例えるなら(一の締約国=日本、他の締約国=中国として書いてみる。)
日本の指定する機関が日本の投資家に対して、中国の投資財産についての損害の填補や保証・保険を支払う場合は中国は以下の事を承認する事となっている。

・日本の指定機関に対して、支払の前提となっている日本の投資家の損害填補・保証・保険の権利と請求権を一度譲渡する事。
・日本の指定機関が日本の投資家に成り代わってこれらの請求権を行使する権利を有する事。
(当然だけど、日本と韓国と中国は全部この場合は主語を入れ替えて読む事ができる)

要は投資家が直接他の締約国にある自己の投資財産権利の損害填補や保証・保険の権利を行使しようとするならその投資家の自国に代位して行使してもらいましょうと言う事です。



一の締約国又はその指定する機関が自国の投資家に対して支払を行い、それにより当該投資家の権利を代位した場合には、当該投資家は、支払を行った当該一の締約国又はその指定する機関の同意を得ることなく、他の締約国に対し、当該権利に基づく請求を行うことができない。当該投資家は、1の規定により代位されなかった自己の権利を引き続き行使することができる。


…上記1の場合での譲渡により投資家に対して支払を行い、国や指定機関が代位した場合、投資家は他の締約国に対して請求行為を行う事はできない。
ただし国や指定機関が代位されなかった権利については自己の権利を行使する事ができる。

当たり前だねぇ。
料金支払が終わってすでに事実上は国側に権利が移転している以上請求権は国が持つ事は当たり前である。
そもそもこんな問題が中国や韓国で発生した場合はもう事実上は大抵の権利関係は保証されずに国が双方に対しては裁判で行なわれても相手国が捏造したらそこで諦めるべきである。
そういった考えに至る国という解釈が中国・韓国に対する正しい付き合い方である。

そこの損失補償を国が一度肩代わりする規定は一方的に日本国家が負担する結論となるものである以上、最終的には日本国民の税金での補填する事は税金での保証を意味する。
企業側がチャイナリスクや韓国リスクを国の担保で行う事自体がナンセンスである。
税金で保証すべき話ではない!



1に規定する権利又は請求権の譲渡に基づき一の締約国又はその指定する機関に対して行われる支払及びこのようにして支払われた資金の移転については、前三条の規定を準用する。


…代位による権利や請求権の譲渡等の資金移転は前3条(11条の収用及び補償・12条の損失又は損害についての補償・13条の資金の移動)の規定を準用(元となる規定を適用する)する。
まともに読めば類推適用するのが前3条ということなので、中国・韓国のような守らない国にここまで遵守すべきとはいえても守る事はないだろう。

一応法治国家であっても両国は日本に対して非常に攻撃的発言で無理難題を吹っかけてくる国家である。
この協定において日本国民が得をすることはない。




=======================
ということで、素人から検証してもとんでもない内容なので、動かないより動いた方が良いというコンセプトの元デモパレードを企画しましたぁ。
\(o⌒∇⌒o)/


◎今のところ確定している事項

日中韓投資協定・TPP反対デモパレードin霞ヶ関

日程    7月28日
集合時刻 13:00分集合
出発時刻 13:30分出発


ちなみに何故デモを立ち上げたのかというと。
当然、日中韓投資協定(日中韓FTA)やTPPやFTAAPに大反対だからですが、もう一つあります。
一般人の誰からも立ち上がらないから個人でもデモは出来るという事を皆に知ってもらいたいこと。
そして国民が日本を動かしていかなければならないという事を少しでも伝えたいから。

(*´・ω・)(・ω・`*)

本当のメインはわずか6名での今回のデモ。(原文や構想は2人・・・主宰者と副主宰)
一般人から行なうってそういう事なんです。
でもね、一人が動くとHP作成してくれる人や動画を作成してくれる人・拡散してくれる仲間が増えていくのです。
(*"ー"*)

デモは憲法で許されている国民の正当な権利です。
怪しいデモや威圧的な怖いイメージのデモは正直一般の人達には敷居が高すぎるのです。
だから僕はやわらかいシュプレヒコールと横断幕を作ることにしました。


自分達や一般のTPP反対している方々にも世の中へ発言する場を作って世の中に日中韓投資協定・TPP・FTAAPや政治の重要性を訴えていければいいと思いますので気軽に行進に参加してくださいね。
(最終的には投票を呼び掛けてくれると私たちは喜びます。)


よろしくお願いしまーす。
m(_ _)m

====================

★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ等☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapanFaceBookTwitter

★★動画★★

横断幕

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2012/06/19 Tue. 23:02 [edit]

category: TPP・FTAAP・日中韓FTA

tb: 1   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/270-d6949485
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【日中韓投資協定(その15) 第十四条 代位】

では第十四条をwww o(*^▽^*)o~♪ 『投資の促進、円滑化及び保護に関する日本国政府、大韓民国政府及び中華人民共和国政府の間の協定(訳文)経済産業省』(PDF) 第十四条 代位 1 一の...

まとめwoネタ速neo | 2012/06/20 22:50

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。