若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

増税・・・今行う事による最終的な外資や中韓の事実上の実効支配という狙いが見え隠れする。 (それと組織票と投票率の重要性の補足)  

復興増税 与野党が相次ぎ異論
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1585083&media_id=2

これに関しては小沢の言うとおり増税は完全に間違っている。現在は極端なデフレが10年以上続いており、減税による消費加速と円高の加速による預貯金の過剰増加を消費に回すための政府発行紙幣による円安誘導と慢性的なインフラ整備不足と雇用促進を狙った国内産業の活性化が一番の対策であろうと断言する。(状況をみながらバブルを抑えるバランスは当然必要であるが)


ちょっとした増税フローチャート

この超がつくデフレ時代に増税して消費を冷やす。
 ↓
増税部分のみ税収確保
 ↓
消費低迷の加速による全体的税収ダウン
 ↓
東北の復興及び国全体のデフレの加速
 ↓
消費低迷によるリストラではなく倒産企業の増加
 ↓
税収不足を理由とした追加増税
 ↓
 ・
 ・(数回繰り返す)
 ・
 ↓
デフレによる完全経済活動の限界点
 ↓
倒産企業の代替とした中韓企業の台頭
 ↓
経済復興を理由とした外資系企業の規制緩和
 ↓
企業全体の株式による大手企業及び外資企業の買占め
 ↓
中小企業半全滅による日本企業の事実的実効支配。(ここが目的)
 ↓
生産設備老朽化等による日本企業の疲弊
 ↓
税収不足による増税
 ↓
上に戻る。




という最悪のシナリオが目に浮かぶようだ。
・・・まぁこの10年はこの繰り返しだったわけだが。
どう考えても、現在破産している韓国と貧富の差が極限状態寸前の中国による売国以外のシナリオが見えてきません。
オーバーだと考える人も入るだろうし、デフレがインフレに転換する時期が現実には今年から始まっていたにも拘らず、震災と増税議論で消費は恐ろしい程の下げ幅となっております。
そう、景気を回復する事を究極に邪魔しているのが現政権であると断言できる状態です。

でなかったら、復興に何故有り余る日本の企業を使わないで韓国や中国企業や人材ばかり使おうとしたり、呼び戻す自殺行為ばかり繰り返すのか…説明がつかないのだ。
しかもこのことはテレビニュースでは取り上げない売国マスコミの恐ろしさが如実に現れている情けなさ。(事実上は金で与党や朝鮮系列に実効支配されています。)
産経新聞くらいしかもうこの手のニュースには信憑性がない。

最低でも暫定的な外国人による不動産売買の禁止はしないと本当に危険な状態となっている。


※デフレ・・・需要(国民による物や不動産等の財を買う消費意識)より供給(その物やサービスを作る生産設備からの物作成能力)が上回っている現象。・・・打開策は国民が物を買って生産する企業を儲けさせ、従業員にお金をいきわたらせて消費を加速させること。
物価が下がっていってしまい、円の価値が上がっていってしまう。
年金やお給料が固定で金額が決まっている人は相対的に得をすることは言うまでもない。






○先日の日記の補足としてマイミクさんから素晴らしく解りやすい組織票と投票率の重要性の具体例がメッセージで届きました。
そう、これが一番言いたかったということを解りやすく解説してくれている文章ですので掲載しちゃいまーす。

※某朝鮮系宗教団体の政党が勝つメカニズムそのものです。裏を返すと投票率が上がると彼らは落選するともいいます。



人口100人の村、立候補者5人、議員定数3人、の村があったとした場合。

候補者
い候補、ろ候補、は候補、に候補、ほ候補

ただし、ほ候補はとある宗教にかぶれている為、とある宗教の信者は絶対投票する。
その宗教はこの村では10人の信者がいる。しかし信者以外は絶対投票しない。


・投票率50%の場合

総票数50票

ほ候補得票数10票

他候補4人で40票の取り合い。
全員が同じ人気なら全員10票。やり直し。

い候補とろ候補がちょっと人気があれば

い11票
ろ11票
は9表
に9表
ほ10票

い、ろ、ほ候補当選。


・投票率40%だった場合

総票数40票

ほ候補得票数10票

他候補4人で30票の取り合い。
全員が同じ人気なら全員7.5票。ほ候補トップ当選。


・投票率80%の場合

総票数80票

ほ候補得票数10票

他候補4人で70票の取り合い。
全員が同じ人気なら全員17.5票。ほ候補は間違いなく落選。どうあがいても落選。



どうですか?
このメッセージは本当に具体的でわかりやすいと僕は思いました。
是非、こういった知識を皆さんも広めてくださいね。

多少上のほうの文章は間違いがあるかもしれないが、概ね合っていると思います。
いつも通り訂正コメントをお待ちしておりますね。www
スポンサーサイト

Posted on 2011/04/28 Thu. 08:37 [edit]

category: 外交/海外

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/32-8db29bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top