若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

驚愕! 日中韓FTA協議は継続 11月の交渉入り目指す  

どもでっす!

おらがある行動である意味遊んでいる間に世間は動いていたようです。
・・・反省です。

今が一番実は民主党の暴走の危険がある時期で特にこれから半年で様々なおぞましい法律や外交をしてくれることは明白なのに。
一体おらは何をしていたのか・・・。

・・・もっと大事な事を調べる時間があったはずだろ!
とか仕事をまじめにしろ!
という言葉が聞こえてくるようなお花畑思考全壊の頭悪い私、今日この頃皆さんいかがお過ごしですか?

ということで、私は元気です。


うーん、やっぱり毎日官庁くらいのページは確認しておかないとねぇ。

今日はJKLさんの日記を抜粋して自分なりに述べていこうと思います。
(正直・・・下の方にあるおらの日記を読む価値はありません。 JKLさんのブログを読んで満足しておきましょう。www)

◎JKLさんのブログはこちら


○えっと、jklさんのブログの一部を転載します。(本人了承済み)
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最近、韓国、中国にかんする対抗を検討している感じの日本政府ですが、やはり、寸止めのプロレスの様相が見え隠れする記事をみつけました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日中韓FTA協議は継続 11月の交渉入り目指す  2012/8/21 13:28日本経済新聞

日中韓の政府高官は21日、中国・青島で自由貿易協定(FTA)交渉に向けた事前協議を開いた。韓国大統領の竹島訪問や香港の活動家による沖縄県尖閣諸島への上陸で、日本と中韓との外交関係は悪化している。経済への影響は避けたいとしてFTA協議は予定
続き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは、すでに放送、日記で述べたとおり、予定は変わらないのです。
アレほど、天皇陛下を侮辱されても、尖閣諸島にかんしても日本がいますすんでいるスキームは何1つ狂いなく進んでいます。

その情報の一旦は以下のとおり。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済産業省より

日中韓FTAに関する事務レベル協議が開催されました

8月21日(火)、中国の青島において、日中韓自由貿易協定(FTA)に
関する事務レベルの協議が開催されました。

続き
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

さらに国家戦略には、復興をたてに外資を入れようといしながら、その一方で日中韓FTAの交渉開始を年内の行うわけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
国家戦略室 (1) Ⅴ 経済連携の推進と世界の成長力の取り込み ~ アジア太平洋経済戦略 ~より
日中韓FTAの交渉開始(年内)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もうおわかりのとおり、結局、尖閣諸島に何が起ころうがODAはとまらない。
韓国が、どんなことをしても日中韓FTAはとまらないんです。

この現実は、与野党も見て見ぬふりです。

その中で、消費税10%などの増税路線。
海外にはお金をばらまいて、財政危機の名のもとに、税と社会保障の一体改革なんです。

本気で中国を焦らせたいならODAとめればいいじゃないですか!
韓国本気で焦らせたいならFTAと投資協定止めればいいじゃないですか!

それをやらずに、プロレスをしているのであれば、日本はさらに深刻な事態になるでしょう。

政治家の皆さん、そういった本当の情報は一部でも分かり始めている勢力がアルことを知って下さい。

その構造は、政治家・財界・官僚どれも、国家感を失った自分だけの利益・利権を盲目的に進めて結果の集大成がODAを始めとした構造じゃないんですか?

前の日記あるとおり、日本のと言うなの旅客機があるといった設定で、「お客様の中に覚悟のある政治家はいらっしゃいますか?」

その日本の国民の命の決める操縦桿を握っています。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ということで、JKLさんの日記の抜粋終了。


◎さておらの見解はこうです。(ここからは危機感を感じた方のみお読みくださいな。)

○対策
とにかくたくさんの国会議員(売国議員関係なく全員)に対して日中韓投資協定の恐ろしさを伝える事です。

○議員に日中韓投資協定を紹介するならこちら

日中韓FTAのメリット・デメリット(NAVER)
ややデータが古く・・・メリット部分が実はデメリット多し!ただし有名。

日中韓投資協定(その1)(当ブログ)
本協定の一問一句全ての解説で長すぎるのが欠点・・・しかも最悪の想定での解説。

日中韓投資協定のデメリット・メリット(当ブログ)
当然、最悪の事態の想定だけど有り得ない話じゃない事を載せております。

韓中、日中FTAの影響  —締約国および第三国への影響—

去年の段階での単純な輸入・輸出をデータで考えているページ。
当然、やや賛成派の意見も説得のためには必要である。
・・・問題は一時的には日本は確実に黒字になる。
(関税率が相手の方がやたら高いため日本の平均関税率4.4%(前年4.9%) 韓国12.1% 中国9.6%のため)

ただし、韓国・中国は一時的被害を被るが、その儲け分だけ中国・韓国に工場が移転し、技術漏洩に繋がるという事。
長期的には日本の為には全くならない。
平均各国の関税率はこちらのページの中程。(2011年データ)”World Tariff Profiles 2011“(WTO)(PDF)



チラシデータを直接見せるでもOK!

当方が皆で頑張って作ったチラシデータがPDFで落とせますよー。
チラシページはこちら。(* ̄∇ ̄)ノ

・・・何故おらたちの団体?のも載せているかと言えば・・・まともに解説しているページが殆ど今現在はないからさぁ~。
皆さん本当に危険なので、おらの日記を好きなだけ無許可で文章をパクっても良いですから知識を広めてください。

※今の国会議員は中国・韓国に有利に動きますが、この協定はそんな事を言ってられなくなりますので黙っていると可決して大変なことになります!!!

TPPと違って実現可能性が極めて高いのです。
(こうやってやや水面下で行う場合・・・可決する恐れが高い事を意味します。ただし、声を国民から多数の批判が来た場合、止まる事もあるので宜しくお願いします。)

○政治家や官僚の現状を疑いたくなる。
実際は本当にこの通りで、しっかりと政治生命をかけて政治家が本気で国益を考慮すれば自ずとこのような結論に達するんですが・・・今の中国よりの議員や官僚は本当に陰で中国様の接待や闇献金を外国の銀行を通して貰っているとしか思えない程無様です。

大体だ。
・そもそも中国・韓国には知的財産権の概念が無く、模造品の荒らしばかりする国に対し、これを守れと言っても絶対に守るわけがない!
・アルバイト目的でも中国人・韓国人が日本に来れるってどういうことだ!
この段階で協議する意味が無い。
そもそも
中国は崩壊に向かっていて軍閥の暴走が抑えきれていない現状が見え隠れ。
韓国は自爆を繰り返し地獄行き確定の国。

これを人に例えると。
ジャイアンのような横暴な一見金持ちでありながら常に仕事は適当かつ逃亡可能性をいつでも秘め、内部では賄賂ばかりを行い、他人の財産で成長しておきながら、自分の都合で貨幣価値を決めている暴力団の中国

かたや人の権利を盗む泥棒でありながら、泥棒被害にあった相手に逆切れを繰り返し、常にありもしない誹謗中傷を自ら行っておきながら”何度も嘘を言えば真実になる事を信じて”常に怒り狂っている破産寸前の非常識人の国の韓国

・・・絶対に取引相手として最悪である事は言うまでもない。

今すぐこの両国から引き揚げて親日で腹黒い他国との取引を開始しましょう。

ちなみに!

”日中韓投資協定は民主党の本丸だとおもいます。”

11月に成立させようと躍起になって襲ってくることは明白です。
協定成立には衆参両議院の過半数の賛成が必要だが・・・自民党にも民主党にも多数の媚中韓議員が多数存在する事と、議員自体がこの日中韓投資協定にまるで興味がない事が大問題です。

実は何気に緊急事態。
協定が成立した場合・・・日本は後々地獄を観ることになるでしょう。

◎おまけ
TPPBOT
比較的綺麗なTPP検証ページ

[FT]韓国、消費者債務が危機的水準に増加

おいおい・・・とお思いのあなた!
今の政治に興味を失うと大変なことになりますよ。

ちなみに今のまま日本も大型店舗等の規制緩和や法人税減税で今のペースで大企業を優遇しすぎると韓国の現在の実態を確実に笑えなくなります・・・。
(国家破産ではなく多種格差問題)

実はすぐそこまで迫っているので韓国を馬鹿にする人達は日本の実態も調べてみてください。
・・・事態は深刻ですよ。

◎当分僕はこの事を周知するために日記には下記の事を載せます。
ウザったいと思うかもしれませんが、ご了承くださいね。

”政治家の生活と豊かさを保証し、民間大企業や海外からの迂回献金を法制上潰す事”
”政治家の選挙資金が無尽蔵なこの状態を各種公共機関を介抱して費用の上限を決めてしまうこと”
”政治家となるための金銭的ハードルを極端に低くする事”

となる。
現在の政治家は貧乏であるが、一部の大物政治家の予算は潤沢である。
これが最大の問題じゃないかなぁ。

政治家の評価は金ではなく政策の素晴らしさであるべきじゃないでしょうか。

現在の政治家の実力は金と権力で決まり、そしてそのスポンサーは企業である。

”政治家のスポンサーを企業から国民に変更する為には政治家の給料を大幅に上げるしか方法が無い!・・・そして政治活動には一定以上の金額が必要となる。”

これにはどうしても国民からの政治への興味を持ってもらい、投票に行ってもらうしかない。

その中で、普通の政治家にも有利となるような上記の思想を政治家に伝えて他の先進諸国と同じような
・供託金20万円
・政治資金上限200万円
・議員報酬額大幅アップ
・直接的・間接的政治家への献金禁止
・選挙期間中の公的機関の無料開放
の水準に持っていくことが重要となるのではないだろうか。
(当然だけど、教育と放送法についての大改正を先に改正しないと実現不可能です。)

政治に若者が興味を持ては若者向けの経済的政策を行う政府も生まれることだろう。

皆!選挙に行こうぜい。
ヾ(@^▽^@)ノ


★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ等☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapanFaceBookTwitter

★★動画★★

横断幕

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2012/08/22 Wed. 18:10 [edit]

category: TPP・FTAAP・日中韓FTA

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/327-87f516e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top