若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

男にとって最高の芸人です。(本文:うーん、この内閣は本当にどこの国の内閣だ?)  


広がる支援の輪、震災後に改めて“行動力”感じた著名人 1位は「江頭2:50」

おらはこの芸人が大好きです。
これほど芸人として哲学がしっかりしていて、行動力のある芸人はいません。

ちなみにおらはPPPの会員で4口入会じゃい。www



本文

2011年5月11日法務委員会質疑
にこにこ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm14422330?via=thumb_watch


Youtube(全部ではない)
http://youtu.be/MSBNIgbImLY


○簡略
黒岩まさひろ議員の政治資金団体が朝鮮関連の政治単体へ多額の献金を受け取ったり渡したりしていた。
そして渡していた政治団体の応援していた議員がよど号ハイジャック犯の息子(北朝鮮で20歳まで過ごした者)に選挙資金を渡した事実の国会質疑である。



○前半審議
民主党議員の黒岩まさひろ法務省政務官が左翼的団体の重鎮から多額の献金を最低2度以上受け取っている事を指摘されています。

井上さくら議員・・・除名を受けた初めての横浜市議会議員がいる。
さってと、内容だけど、日本国旗を議会から取っ払っておうとし、翌日議会を6時間空転させたという狂った市民の党という政治団体があるらしい。


越後の暴れん坊というのは黒岩まさひろ議員の応援している政治資金管理団体の名称である。

これを行なった井上さくら議員から黒岩法務省政務官の政治資金管理団体が139万円の献金を個人から受け取っていた。

・・・本人はこれを知らないと言う。

これは正直・・・法務省政務官という重要ポストの人間が受け取って良い話ではない。
越後の暴れん坊というニックネームらしいが、確かに暴れん坊のようだ。

まぁこれからボロボロと出てくる事だろう。

ちなみに井上さくら議員は昔市民の党に所属していた。

市民の党の事務担当者と越後の暴れん坊の担当者は同じ人物である。
越後の暴れん坊の会計責任者も市民の党の方である。

ちなみに黒岩議員はボランティアでこの市民の党から援助を受けていた。

そして越後の暴れん坊から市民の党に平成21年に400万円の献金が流れてきている。
(理由この年は選挙があった。)
まぁ解りやすく言うと朝鮮関連団体へ選挙資金が流れた事は明白の事実である。
どちらも同じような団体だが・・・。

・・・本人はこれも知らないと言う。(多額すぎて有り得ません。)


○後半審議
よど号ハイジャック事件のハイジャック犯及び拉致実行犯の妻は北朝鮮におります。
(もりよりこ)
三鷹の市議会議員の立候補者森大志議員はこれら2人の息子である。
・・・こんなのが議員になれるのだから世も末だが・・・今回落選はしているが市民の党に公認を受けております。
20歳まで北朝鮮にいたテロリストの息子が立候補した。

21年に多額の400万円献金を行なってきている。

黒岩新潟県の議員
北朝鮮拉致特別対策委員の理事も勤めている。

・・・もう無茶苦茶。


○自分なりの結論と対策

さて、ここで何故アメリカが浜岡原発にたいし管総理を無理矢理動かしてでも停めたか。
それはこういう政治団体が日本にはいくつもあり、そういった団体がこういう有事の際に原発テロを起こすのではないかと言う疑念から行なわれている可能性が全く否定できないと言う答弁です。

投票に行かないという選択肢を選ぶ人は基本的に組織票に票を投じる事と同じなので、こういった団体に投票を平等に分割して分け与えてしまったという事を認識して欲しい。

こんなのが国会で議論になるほど今は投票を行わないと言う事実が恐ろしい結果を招いていることは間違いない。

僕個人はこの歴史を辿った場合、小渕内閣の際に公明党と一緒に政権与党を担うという愚考から始まり、それを具現化した森嘉朗という元内閣総理大臣を輩出してしまったところから、この国は崩壊してきているのだと感じている。

景気の大失態を元内閣総理大臣橋本龍太郎が招き、公明党と連立という愚の道を選んだ小渕恵三内閣の自民党の朝鮮関連議員により、一層在日朝鮮・中国関連が台頭し、そして森嘉朗により投票を一般市民が行えないように調整する政策とゆとり政策を受け入れたところでこの国は現在の国会審議ほどどうしようもない状態に陥る事は致し方なかったのだろう。

もう老害で随分朝鮮とつながっていた自民党議員は表向きは政界を去っていった。

現在、自民党では河・二階・岩國・中川・山崎・加藤・野田・衛藤という朝鮮関連議員以外は売国議員が軒並み減ったが・・・過去の過ちがそれを阻害する。

国会を通じて質問内容を聴いていれば誰でも判別できるが、それは皆も行う時間はあまりないだろう。

この日本の組織票における危機的状況を打破するには組織票以上の一般市民からの投票が鍵を握るのだ。


管理人だからコミュは載せる。www
若者からの投票が日本を救う!!





スポンサーサイト

Posted on 2011/05/11 Wed. 23:18 [edit]

category: 内閣/日銀

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/36-a5993187
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top