若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ6.4.第10回『一票の価値は高いからこそ投票に行きましょう!デモパレード』を開催致しました!皆様ありがとうございました!ヽ(´▽`)ノ

自民党の参議院公約パンフレットについての勝手な自分なりの乱雑な解釈  

ども!
ぽん皇帝でっす!

今回は参議院選挙の公約のパンフレットについての資料が自民党HPから出されたので、勝手な自分なりの解釈で書いてみることにしました。

物凄く簡単に書いていくので、間に受けないでくださいねぇ~。

ということで、今回はこのパンフレットに書かれている記述について超適当に書いてみたいと思います。

僕の感想では・・・半分賛成で半分は大反対でっす!


自民党の参議院選挙公約案の骨子ですやねぇ。(自民党HP)


何のことはない、パンフレット案です。
基本的にな項目を一つ一つ観ていきましょう。

○復興 
■復旧・復興の加速
生活の再建・地域経済の再生
 

・・・内容が過去と同じならば、経済特別特区によって地元の産業よりも国内外の企業を被災地に誘致して企業を優遇する政策が採られます。
被災地からやや絶望のコメントが出ておりますが、残念ながら現政府は金の力に弱いので法人格有利の方針しか出てこないでしょう。
それでも、何もしなかった民主党よりマシなのだからこの国は被災者に優しくないと思われます。


■除染の加速等

・・・セシウムをいつまでも恐れる必要は無いのですが、残念ながら政府や行政は及び腰です。
期待は過度にしないほうがいいと思います。


○経済 
■成長戦略
民間投資を喚起する成長戦略 等(規制改革、女性力の発揮 等)


・・・これでは完全な新自由主義の政策そのまんまです。
デフレにいつ落ち込んでもおかしくないこの現状で規制改革は20年のデフレから30年のデフレを呼び込むことにも下手するとなります。
女性力の発揮についてですが、基本的に少子高齢化対策を行う上でのバランスを調整している政策を立ち上げているように感じられず、結局女性は結婚出産か仕事の二択のまま。
だが現実はもっと酷く・・・結婚出産の選択をするうえでの国家補償は本当に最低限。
このまま最低限の保障を続けていく場合には夫の収入だけで家族を養えるほどの一般人の収入の増加が必須であるが、残念ながら新自由主義における産業競争力会議の内容は非正規雇用社員の増加対策を掲げており、矛盾がここに生じる。
女性が仕事を選べば結婚出産の選択は高齢出産の道に行き着く可能性が高く、残念ながら少子化対策には繋がらないと思われる。


■経済・財政政策
財政健全化など、適切な経済財政政策・金融政策 等


サボっていた公共事業の再稼動を行う上で、金融政策・財政政策・量的緩和は有効かと思われるが、残念ながら現政府の方針はGDPの増加よりもGNIの増加を優先しており、今現在の日本の公共事業と平行して海外のインフラ公共事業や民間工場建設の手助け等で日本の税金が工場建設のグローバル企業と海外の雇用の手助けに繋がることになるので、日本の公共事業におけるやるべき仕事を日本人が行うなら大賛成となるが、残念ながら政府の資料を観る限りでは外人等を頼ることが前提となっています。


○外交・安保
■外交 日米同盟強化等


今現在のアメリカを見る限り、日本の軍事力拡大のチャンスと言える。
日本の軍事力拡大は周辺敵国の軍事費拡大の抑制にも繋がるので、アメリカにも都合がよく、ロシアの視点から見ても都合の良い政策となる。


■経済連携 自由貿易の推進(TPP・EPA/FTA)等

本来の自由貿易の目的は双方の国家による互いの不足部分を補うことによる国益の増加である。
当然二カ国での交渉であれば、互いの不足部分を補うことは可能であるが、多国間では必ず国の利益と不足分が複数国が重複するため、国家の力関係が浮き彫りとなり、不平等な経済連携や自由貿易となる可能性が濃厚である。
しかも経済状況や財政状況・文化風習や規制の相違が国家間で不足するので話し合いが平行線となり得る。
TPPにおいては本来の自由貿易の目的である不足部分の補填と発展という内容にはなっておらず、現実の目的がすべての国の国益よりも企業の利益優先となっているため、国民の利益とならない部分において最低である。

■安全保障 国家安全保障会議の設置 自衛隊・海上保安庁の強化 治安・テロ対策等

現在の日本の国防上の安全保障は隣接国との軍事均衡を考慮した場合、アメリカ軍の依存度があまりにも大きく、事実上はアメリカのアジア監視及びロシア・中国・中東に対する警戒の上で成り立っているに過ぎず、この分野での強化は早急に必要といえる。
早急なる対応が望まれる。

■北朝鮮問題
新聞記事以上の感想は無い。


■領土・領海問題
新聞記事以上の感想は無い。


○安心
■社会保障 持続可能な社会保障制度(年金・医療・介護)の確立等


これについては年金支給の調整・医療制度の調整・介護施設の増設により対処する計画と思われる。
2010年のJファイルがそのまま引用されるだろう。
現状維持を保つための所得税等の調整により控除額の減額等が国会で法案成立している。


■資源・エネルギー 持続可能なエネルギーの安定供給確保等

レアメタルやレアアース・天然ガス等の技術やオーランチオキトリウム等や原発の再稼動に向けての調整が議論されており、外交問題を踏まえた交渉を続け、外務省の譲歩が続いている現状がある。


■国土強靭化 事前防災 社会インフラの老朽化対策等

公共事業削減を20年以上続けた結果、やらねばならない公共事業のツケが溜まっており、尚且つ公共事業を行う民間企業の倒産が尋常ではなく、かなりの供給能力が確実に失われてしまった。今現在の日本のおかれている仕事量は既存の存続している土木企業の供給能力を補う上での予算配分が確保できているため早急に進めるべき事態となっている。


○地域
■農林水産業 攻めの農林水産政策等


TPPにおける競争原理及び生産効率の上昇を見込んだ決定である。
だが、日本の生産効率は他国に比べて倍以上の効率をたたき出しており、競争原理において攻めの姿勢をもって生産効率を上げることは効果が少ししか望めない。
今現在において、食料自給率が100%保てていない以上、自給自足に近づく政策は必要であり、他国に対する攻めの姿勢よりも既存の農林水産の保護及び活用を関税等やある種の保護政策を用いて保つことが望まれる。


■地域活性化 地域経済活性化、地方分権、道州制等

地域活性化と間逆の方針として総合特別とっくによる都市の税制優遇をしている以上、それ以外の地方財政の再分配機能と逆の結果となりうる地方分権や道州制は却って地方経済を困窮に陥れると思われる。
現在の都市部の税金余りを地方に再分配を行い、事実上は日本を保たせている地方により一層の財源を現在の税体系の調節により行うのが筋であろう。


○教育
■教育再生 教育再生の実行


ゆとり教育の失敗や道徳教育の復活等、国の将来を決定する教育再生は必須である。


○政治・行政
■政治・行政改革 選挙制度改革 公務員制度改革等


選挙制度は先の一票の格差の是正を形だけ意思表示を行った削減までしか行われないだろう。
公務員制度改革については・・・今の僕では調べ切れていないかなぁ。


○憲法改正
■憲法改正 憲法改正草案


僕の感想で言えば、96条の3分の2から過半数と言う部分が取り上げられているが、これは過半数であるべきではない。
憲法が政権交代の度に簡単に改正できる状態を作るのは法治国家であるこの国においては致命的な欠陥となりうるからである。
他の自民党改正案については僕個人としては異論が無いです。

今のところ、ぼくとしてはこの参議院選挙についてのパンフレットについてこのような見解をもっております。
人によっては違う解釈をすると思うし、僕の意見が正しいとはいえないと思います。
(人によってはほとんど賛成と答える人もいれば、ほとんど反対と答える人もいると思います)

でも、それでいいのです。


僕がこれをざっと適当に書いた理由は皆さんも自分の意見としてどうあるべきかを考えるきっかけになれば良いなぁ程度にしか思っていないで書いているので反論がたくさんあると思います。

もうすぐ参議院選挙が近くなってくるので、自民党の公約を書いてあるJファイルがもうすぐ公表されることでしょう。
そこで、もう一度精査してみたいと思いまーす。
(こんな適当な予測日記でない検証を参議院選挙までにしたいものです。)





◎次の日記の話題はこちらだろう。

○新たなICT戦略に関する提言(自民党HP)
デジタル・ニッポン2013 -ICTで、日本を取り戻す。-

新たなICT戦略に関する提言 デジタル・ニッポン2013
- ICTで、日本を取り戻す。- 全体版



これは僕は正直気付かなかった。
・・・甘かった・・・。
見ればわかるけどマイナンバーに非常に関連しています。
そんなマイナンバー法案も本日成立の予定です。
このICTによりもっと状況は良くない方向にいくかもしれません。
結果は・・・行政による国民の情報どころか農作物・水・インフラ等のデジタル管理です。
一応この前あげた日記もここにリンクしておきます。
良かったらみてくださいな。

マイナンバー法案を最初に書こう。


ということです。
ではではぁー!



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
第3回 TPP&日中韓投資協定(FTA)反対お願いデモパレードin霞ヶ関

●期日
平成25年6月1日(土)
●集合場所&出発地
水谷橋公園 (首都高新富町出口付近の公園です)
所在地:東京都中央区銀座1-12-6
●アクセス
地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口から徒歩約1分
地下鉄銀座線銀座駅A12番出口から徒歩約5分
JR東京駅八重洲南口から徒歩約8分
JR有楽町駅京橋出口から徒歩約8分
●主催
若者からの投票が日本を救う会
●目的
TPP及び日中間投資協定(FTA)の危険性を周知するため
●集合時間
13:00
●デモ行進
13:30~15:00
●解散
15:00(予定)
●終点
日比谷公園
●連絡先
wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

●ルート
水谷橋公園出発→城辺橋左→数寄屋橋→新橋駅銀座口前右
→虎ノ門交差点右→財務省・経済産業省→日比谷公園解散

○ニコ生URL
準備中~ヽ(´▽`)ノ

○シュプレヒコール
現在修正中~ヽ(´▽`)ノ

○チラシ
[TPP] [日中韓FTA] [ISD条項] 

○メリット・デメリット
[TPP] ]日中韓FTA] 

○日中韓投資協定(FTA)について
[概要] [目次] [本丸] 

○マイナンバー法案について
[メリット・デメリット]



※お手伝いしてくださる方は1時間前にお越し下さい。


歩き疲れた方・もしくは他のイベント等がありましたら
遠慮なく途中から列を抜けても大丈夫ですよん。ヽ(´▽`)ノ


ヽ( ´▽`)ノ中年・高齢者の方の賛同者も募集しています。
若者の投票率を上げる前に、色々な方に政治に興味を持ってもらいたいのと、
中・高齢者に興味を持っていただければ、若者も興味を持つと思います。 ヽ(´▽` )ノ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ等☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapanFaceBookTwitter

★★動画★★

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2013/05/24 Fri. 02:07 [edit]

category: TPP・FTAAP・日中韓FTA

tb: 0   cm: 2

コメント

No title

麻生がCSISで水道事業を民営化するとか言ってたらしいですけど全てがTPPにつながってるとしか思えません

URL |  #-
2013/05/24 13:18 | edit

No title

書き込みありがとうございまーっす!

あの発言とTPP等による一連の流れはやっぱり繋がっているように感じますよねぇ・・・困った・・・。

URL | ぽん皇帝 #-
2013/05/29 23:51 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/477-4e3ed9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

検索フォーム

カレンダー

全記事表示

最新記事

カテゴリ

プロフィール

最新コメント

リンク(※あいうえお順)

QRコード

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top