若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

政治を第三者視点で勉強する時の僕独自の注意点   

ども!
ぽん皇帝です。

今回は前回の日記の続きに近い形ですが、調査を行う上で僕が重要視している注意点を述べていきたいと思います。
あくまで僕個人の見解ですので当然ですが、”強要するものではない”ので悪しからず。


※ある種前回の日記の続きとなります。
政治を第三者視点で勉強する方法の一例かな?(調査方法)

という事で、勉強する時の僕なりの注意点と大抵の方が陥っている問題点です。


◎本は必要となりますので読みたいときに読みましょう。
インターネットだけでは限界が必ず訪れます。
やはり本は結局必要となる事でしょう。


◎政治における精神性の本は自分にとって聞こえの良いものしか選べない。
政治における思想や精神論の本は必ずと言っていい程に、自分の都合の良い内容の感情的論評しか書いていない事が多いので、その本がデータに基づかない場合、只の自己満足しか恐らく得られない事になる事が多いでしょう。
本によっては読んでいる人が学ぶことは殆どないものが多いと言っても過言ではありません。

僕の場合ですが、政治や経済の本の活用方法はとにかく資料と知らない視点や知識を深める事のみに集中し、自己の知識を高める事に集中するようにしていたりします。


◎歴史はあくまで過去における最大の参考材料と証拠でしかない。
歴史的事実は必ず両側の側面からの判断を重要視し、決して日本の正当性等に溺れないようにする。

・・・歴史を学ぶことは現在における事象を分析する上で非常に優れた参考とはなりますが、運用を間違えると最終的には自分に跳ね返ってきて襲ってくる事を理解していない人がとても多いような気がします。

歴史とは書物の証拠があってもそれは本当に正しいのかは正確には解りようがない事に起因します。
何を以て歴史的に正しいのかは、証拠となる根拠を基に偏らずに事実であろうことを坦々につなぎ合わせて過去の事実に近いであろう事を証明する以上の力はありません。
歴史とは参考として素晴らしい材料ですが、自らの功績を顕しているものではないからです。


◎歴史は自分の優等性を示しているものではない。
汚い表現で言うのなら、政治の精神論や必要のない歴史的正当性や経済的表面的な合理性による優等性を得る事によっての快楽に溺れて本来必要とすべき

”現在の日本として大多数の日本人や国益が増す事の対案を常にシミュレートし、少しでも日本人の幸せや自己の幸せを求めるという目標”

を忘れてしまう事が最も恐ろしい。

”日本人は優れているから我々のやっている事は素晴らしいという快楽と自己満足に溺れる事”

にならないようにすることこそが歴史を学ぶ上で他ならない最大の注意すべき事であるということがポイントだと常々考えます。

だからこそ、常に自らの考えに疑問を持ち、自己を高め、他の優れたものをどこからでも取り入れる事を追い求め、反面教師からも学び高める事に集中する事が重要なのだと思います。

そういう意味で、歴史とは善人であれ悪人であれ偉人であれ下賤であれ、非常に優れたあらゆる行動の参考材料である事は間違いありませんが・・・これに溺れすぎても行けないのが歴史だと個人的には思っていたりします。


◎日本人の誇りを主張するにはそれなりの責務が生ずる
・・・当たり前のことですが、日本人である誇りを語るなら、誇りとなる事象が過去に存在したという事を忘れてはいけません。

さて・・・日本人の誇りとはどのようなものでしょう。
日本人の誇りという言葉は過去の良かれ悪かれ過去の色々な功績が積み重なって生まれたものに他なりません。

という事はそれを判断し、誇りとなるだけの功績と行いが認められたことがあるからこそ他より優れた行いがあった事実の積み重ねと評価があって日本人の誇りが生まれたと言っても過言ではありません。

という事は、誇りを保つには良い評判を相対的に貶める行いは誇りを保つ事にはならない事になります。
という事で、そもそも他が評価する誇りを保つにはそれなりの責務が生じてしまうと言う事になります。

”日本人である事よりも日本人としての過去の道徳的功績に感謝し、それを汚さない振る舞いを最低限の道徳的行いをする責務が日本人の誇りを語るのなら生じるという事です。”

・・・でもそれを忘れているのか勘違いしている方が多いのか・・・相手の非常識な側面を批難しておきながら、相手に対して”目には目を歯には歯を”の如く、愛国無罪に近い形で過激に行動する方々は本当に日本人として誇る資格があるのか強く疑問に思う事もあります。

そういった本当に良い論や日記を書く時に必要な事でしょうかと疑問に思います。

・人を勝手に在日認定をするにしても官報の調査も戸籍謄本や改製原戸籍の調査もせずに拡散等を行う事。
・自分の考えと異なる相手への売国奴、工作員、反日日本人、サヨク認定
・インターネットが使えない人間に対する情弱と決めつけた罵倒行為
・大東亜戦争以前の言葉遣いを是とした疑似的言葉遣い
・政治運動をしている事に対する自己擁護と無駄な虚勢
・愛国無罪を盾にした日本人犯罪行為の容認と過剰な擁護と正当性の拡散
・日本の都合の良いニュースでありたいがためのニュース内容の改悪
・偏向報道への第一次ソースをチェックを怠った内容調査を行わない拡散
・人の日記の一部のミスを指摘して全体が全て間違っていると言う書き込みや噂の拡散
・一切の自分の非を認めずに相手を貶めるコメント
・第三者の視点を無視するどころか一般人を情弱と称し、文句ばかりのコメント
・自分たちよりも劣った歴史として他民族に対して会ったことも、その人間の本も情報の調査もせずにレッテル張りでの誹謗中傷
・会ったこともない人間に対する情報の調査もしない売国奴認定をした人間に対するレッテル張りでの誹謗中傷
・過度な非人道的発言やヘイトスピーチへの容認

・・・日本人であり続けたい僕にとっては上記のような事はやはり常に自らを律する必要があるとして日記や行動に細心の注意をしていたりします。
(それでも人の振り見て我が振り直せと自分に言い聞かせないと自分も陥る可能性を否定できません。)


◎データほど重要なものはありません。
(但し、データを観る場合は前提条件がどのような過程で成り立つものなのかを必ずチェックするようにしておきましょう。・・・あり得ない条件等でデータを作成している場合があるからです。)


◎実際に中立となりそうな仲間との意見交換
1人で調べる事には限界があります。
所詮は一人の人間など大した力はありません。
自分など他の人に支えられて自らが存在するちっぽけな人間です。

ただ・・・その事を忘れている方々が多いように感じますが、それは申し訳ないが”虎の威を借りる狐”以外何物でもない。
そういう意味で、小さな力も互いに協力すればやや一人前の行動に結び付く事になるのだと思います。

そのためにもまずは恥かしがらずに適当にデモパレードに気軽に参加してみたり、適当な打ち上げや街宣活動に”遊びに行く”事が楽しみ方の秘訣です。

特に懇親会への参加は居酒屋に行くのであればお勧めいたしますよー。
とんでもない人間から色々な情報を聞き出したり人のつながりが深まって情報を得やすくなって楽しい政治の学習が出来るからです。


◎政治的な人とあった時の最大の注意点
色々な人の意見を聞く事も良い事だと思いますが、絶対に感動したりその人を信用しきってはいけません。
それはどんなに優れていたり人徳に富んだ方でも権威をお持ちの方でも該当します。


◎政治の世界で主導者を信じきる事はとても危険な事
政治の世界では信者になる事ほど怖いことは無く、これほど自分の意見に妥協する事は無いからです。
・・・困ったことにネトウヨの半数以上の方が気付かないうちにこうなってしまいます。

また、知識を追求すればするほど他人との考えと自分の考えは大凡は同じでも細部は異なるものです。
でも、信者になったら・・・主導者のやる事は大凡正しく、それを応援する事が素晴らしい事だと勘違いするようになります。

確実に言える事は・・・知識の発展はそこで教祖となる人間の発言以上の知識は得られず、それに対する反対意見は排除せねば自らの正当性が保てなくなる矛盾がそこにどうしても生じてしまうからに他なりません。


◎信者と支持者は本来全く別物です。
信者は相手の主導者を守るために都合関係なく信じ、本当に少しの反論はすれども、基本的に無条件に頼る存在です。
支持者は相手の主導者を正しい方向に導くために、応援だけでなく、間違った方向に進めばその方向を正すために褒めたり批判し要望したりするのが本来の支持者という存在です。
これを一緒くたになっている方々があまりにも目立っています。


◎政治とは裏切りの中での金と権力の闘争である
そもそも政治には必ず裏切りが発生します。
根底的に政治目的があれば何かが利益を得れば何かが犠牲になるためです。

その判断を常に行うのが国会に議案として提出する高級官僚だったり政治家だったりするのですから、当然利害の一致があれば人を見殺しにしても自らの政治生命の延命も兼ねた金と権力の闘争により利益を得るのですから裏切る事は当たり前の世界なのです。

ここで関係ありませんがいつも一言だけ覚えておいて欲しい事を述べておきます。


◎政治的発言は時に人を間接的に殺すことにもつながる (仕事でも)
政治を語る事において、影響力が増せば増すほど一部の人の幸せを与える代わりに必ず反対側の誰かしらを殺す事になるという事・・・。

この恐ろしさを絶対に忘れて政治的な話をする事は良い事だとは思いません。

・・・というか、実際は実生活の仕事でも皆が少なからず影響を与えている事を知らない方が多いのが現実です。
そしてその影響で最も力のある権力が他ならぬ政治だという事。

ただそれだけの事です。



◎これは僕の勝手な思想と理想です。 (僕にとっての政治哲学かな?)
政治に関心があるという事は、

・自分や家族や子供が幸せになるために行うのか
・儲ける事を重点的に調べるために行うのか
・商売上の知識を得るために行うのか
・日本という国家をより良くしたいのか
・政党や党首を守るために行いたいのか
・幸せが誰に傾くことが良いと考えるのか
・単純に知識を得たいがためなのか
・自己満足と他人より政治に興味がある事を誇りたいのか
・貧富の差を無くしたいのか
・一部の既得権益者となるためなのか

等々他にも色々あるかと思います。
僕は・・・この中で言えば

・自分や家族や子供が幸せになるために行うのか
・商売上の知識を得るために行うのか
・日本という国家をより良くしたいのか
・幸せが誰に傾くことが良いと考えるのか
・単純に知識を得たいがためなのか
・貧富の差を無くしたいのか

等がこの中だと該当したりします。

こういう考えは各自持っておいた方がいいでしょう。
目的意識が不明確で目指すと確実に考え方が右往左往して、誰かの発言如きでいつも意見が変わる事になってしまいますのでご注意くださいね。


◎まとめ
皆さんがこういう感じで調査を行い、道徳に準じて政治を考えるときは宗教を含む精神論の一切を考慮せずに第三者的に中立的に論評を目指すことが望ましいと僕は常々考えています。

だからこそ、誰が何と言おうが 

”正しいかろう事はより正しくあり、悪いものは悪いのです。”


政治の世界は感情で動いていい程清潔な場所ではなく、金と権力の奪い合いという、政治に在ってはならないものが現在の政治体制なのだと思います。

教育と道徳、そして偏向報道と情報操作の必要性と優先順位は何なのか・・・。

現実とは非常に厳しいものだと僕は思い今回の日記とさせていただきまーす。

※偉そうに書いているけど、本当に頭の良い方々は普通にこれ以上を実践していたりするので自分の小ささをいつも実感していたりします。 ・・・だからこそ楽しいんだけどね。www

※僕の日記も必ず疑って読み、第一次ソース(元となる情報)で検証することを強くお勧めいたします。
人の日記はどんなに書き手が気を付けても、やはり書き手の思想が含まれてしまうからです。


※この日記内容はあくまで僕が現在行き着いた過程を書いているだけですので参考程度のものとお考えください。
人によって考え方は多種多様でしょう。


※ご批判やご意見があるのならお答えいたします。


ではではぁ~。

┣¨キ(๑•ᴗ•๑)┣¨キ



★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2014/02/13 Thu. 12:20 [edit]

category: 国内/国会/その他

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/621-b7a97739
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top