若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

日朝協議合意事項の感想  

ども!
ぽん皇帝でっす!


◎結論

これからの僕なりの推論になりますが…
北朝鮮の国際協力銀行やNIRAやジャイカ等を介した予算がこれから拡充され、中国・ロシア・アメリカ・韓国が手を出しづらい北朝鮮に黙らせる名目のもとにインフラ整備等を建前として民間企業を交えた開発利権と人件費を抑えるための北朝鮮から見れば外資系企業の誘致に続いていくことでしょう。

この問題国に馬鹿馬鹿しい金を注ぎ込ませた後は他の関係国の外資系企業等が入り込み、日本は金とノウハウを引き出された挙げ句にその一部の恩恵とカントリーリスクを負い、現在の中国から脱出が簡単に出来ない法律にでも縛られ、大変な問題へと発展することでしょう。

勿論捏造があろうが無かろうが不良インフラがあったら賠償責任が発生することは前提です。

勿論、イギリスから日本までの鉄道網やパイプラインの計画も含めて日本国税の出資で…。(達成されるかの是非は別問題)

そして外交交渉や問題が起こる度その度に、拉致被害者はこれまで通りに外交カードとして使われ、他の各国も金を出したがらない不毛の地北朝鮮の名目上の援助が日本の税金で賄われる土台が出来上がったということにつながるでしょう。


◎北朝鮮が行うこと

北朝鮮はこの全文を読むかぎり拉致被害者は報告以外は努力義務程度である以上…。

一ヶ月に一度の報告と数名の拉致被害者を表面上差し出せばよく、利害関係にあやかる関係者にとってはその見返りは非常に大きい…。
まぁ、よく似た偽者が拉致被害者として出てくる可能性はあるけどねぇ…。


◎日本国の対応は?

どちらにしてもこういう予算のために大多数の国民や国内企業から増税を強いてくるだろうし、個別的自衛権が曖昧のままに国連を建前としたアメリカの経済的利益や軍防衛のための集団的自衛権の解釈は可決し、個別的自衛権は今後も協議を行うパフォーマンスが続く事でしょう。(ノ_<。)


◎今の政府は何を目指すのか

皆さんが思っている以上にこの国の暴走は酷く、官僚や富裕層・多国籍企業・外資系企業や献金元の利権構図が続きます。
本当に政治が目指さねばならない大多数の日本国民の幸福と国の存続のための防衛は三の次である現状は変わらずに腐敗の一途を辿ることでしょう。

集団的自衛権の応援・入管法改悪の正当性・消費税増税容認・労働の各改悪・無駄な自由貿易等々きりがありませんが…。

これらの勉強も都合のよい方ばかり求めるやり方で安部内閣マンセーして恥ずかしいとは思わない方々があまりにも多すぎる!

どれだけの日本人の生活を脅かし、はたまたそういった応援はこれらの影響で自殺者が増えるのか考えているのか!

申し訳ないが政治は利益のバランスを制御する基幹である以上、1つの政策で何処が困り自殺し、何処が恵まれるかを今一度考えてみるべきです。

ハッキリ何度も言うが今の政府は一部の利益を求めているだけで国益を求める事はしていない!

企業利益と国益は総体的に相反する!


今一度皆さんも考えてみてください。

宜しくお願い申し上げます。




============
日朝協議:合意事項の全文


 政府が北朝鮮側と合意した事項は次の通り。

 双方は、日朝平壌宣言にのっとって、不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、国交正常化を実現するために、真摯(しんし)に協議を行った。

 日本側は、北朝鮮側に対し、1945年前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨及び墓地、残留日本人、いわゆる日本人配偶者、拉致被害者及び行方不明者を含む全ての日本人に関する調査を要請した。

 北朝鮮側は、過去北朝鮮側が拉致問題に関して傾けてきた努力を日本側が認めたことを評価し、従来の立場はあるものの、全ての日本人に関する調査を包括的かつ全面的に実施し、最終的に、日本人に関する全ての問題を解決する意思を表明した。

 日本側は、これに応じ、最終的に、現在日本が独自に取っている北朝鮮に対する措置(国連安保理決議に関連して取っている措置は含まれない)を解除する意思を表明した。

 双方が取る行動措置は次の通りである。双方は、速やかに、以下のうち具体的な措置を実行に移すこととし、そのために緊密に協議していくこととなった。

−−日本側

 第一に、北朝鮮側と共に、日朝平壌宣言にのっとって、不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、国交正常化を実現する意思を改めて明らかにし、日朝間の信頼を醸成し関係改善を目指すため、誠実に臨むこととした。

 第二に、北朝鮮側が包括的調査のために特別調査委員会を立ち上げ、調査を開始する時点で、人的往来の規制措置、送金報告及び携帯輸出届け出の金額に関して北朝鮮に対して講じている特別な規制措置、及び人道目的の北朝鮮籍の船舶の日本への入港禁止措置を解除することとした。

 第三に、日本人の遺骨問題については、北朝鮮側が遺族の墓参の実現に協力してきたことを高く評価し、北朝鮮内に残置されている日本人の遺骨及び墓地の処理、また墓参について、北朝鮮側と引き続き協議し、必要な措置を講じることとした。

 第四に、北朝鮮側が提起した過去の行方不明者の問題について、引き続き調査を実施し、北朝鮮側と協議しながら、適切な措置を取ることとした。

 第五に、在日朝鮮人の地位に関する問題については、日朝平壌宣言にのっとって、誠実に協議することとした。

 第六に、包括的かつ全面的な調査の過程において提起される問題を確認するため、北朝鮮側の提起に対して、日本側関係者との面談や関連資料の共有等について、適切な措置を取ることとした。

 第七に、人道的見地から、適切な時期に、北朝鮮に対する人道支援を実施することを検討することとした。

−−北朝鮮側

 第一に、1945年前後に北朝鮮域内で死亡した日本人の遺骨及び墓地、残留日本人、いわゆる日本人配偶者、拉致被害者及び行方不明者を含む全ての日本人に関する調査を包括的かつ全面的に実施することとした。

 第二に、調査は一部の調査のみを優先するのではなく、全ての分野について、同時並行的に行うこととした。

 第三に、全ての対象に対する調査を具体的かつ真摯に進めるために、特別の権限(全ての機関を対象とした調査を行うことのできる権限)が付与された特別調査委員会を立ち上げることとした。

 第四に、日本人の遺骨及び墓地、残留日本人並びにいわゆる日本人配偶者をはじめ、日本人に関する調査及び確認の状況を日本側に随時通報し、その過程で発見された遺骨の処理と生存者の帰国を含む去就の問題について日本側と適切に協議することとした。

 第五に、拉致問題については、拉致被害者及び行方不明者に対する調査の状況を日本側に随時通報し、調査の過程において日本人の生存者が発見される場合には、その状況を日本側に伝え、帰国させる方向で去就の問題に関して協議し、必要な措置を講じることとした。

 第六に、調査の進捗(しんちょく)に合わせ、日本側の提起に対し、それを確認できるよう、日本側関係者による北朝鮮滞在、関係者との面談、関係場所の訪問を実現させ、関連資料を日本側と共有し、適切な措置を取ることとした。

 第七に、調査は迅速に進め、その他、調査過程で提起される問題はさまざまな形式と方法によって引き続き協議し、適切な措置を講じることとした。
============




★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2014/05/30 Fri. 09:42 [edit]

category: 外交/海外

thread: 北朝鮮問題 - janre: 政治・経済

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/649-058019f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top