若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

同和の松本と仙谷という2人が震災からの利権を奪う気満々・・・日本が・・・。  

■松本復興相「前向いて復興に当たる」辞任は否定
(読売新聞 - 07月04日 16:17)



問題外!!
さすが九州の同和をまとめている土建会社「松本組」の暴力団関連の人間がいう事は一味違う。
・・・というか松本相の祖父が部落解放同盟を立ち上げたはずだ。
こんな人間が復興を正しく行なうわけがない!!!

確実に被災地を助ける考えでなく、同胞への儲けと土建がらみで儲ける事しか考えていない事は明白である。

朝鮮関連の筆頭が復興相?
日本人が被災を受けているのに、一部の外国人有利の事しか考えない人間に担当させるとはどんな政党だ!!!




ということで、おはようございます。

さっすがというか・・・日本は確実に10分の1以下の反日団体に乗っ取られるための政策しか行わない話題ばかりがこうも続くと流石に疲れる。

だが、これも投票を行なった人も行わなかった人も関係なく日本人全員の願望が具現化し、騙された結果以外何者でもない。

隠蔽体質と情報開示手段を全く研究してこなかった自民党の腐敗を是正するのが遅すぎたからこんな結果となったのは明白だが・・・残念ながら日本人の政党が自民党とたちあがれ日本くらいしかないのが痛く、ここにしか頼れない悲しい国日本。
皆さんは今日この頃いかがお過ごしでしょうか。



今日の議題は電力会社分離政策だ。

仙谷由人官房副長官が、「地域独占の電力供給のゆがみ是正と東電の体制見直しを本格検討する」と事実上の「東電解体」を目指す内部文書を作成していた。


という文章が今現在騒がれている。

結論から言ってしまうと、順番が利権絡みを優先しすぎており、当然政策や対応の順番が無茶苦茶である。

ポイントは
・東京電力は国が吸収すべきであり、株主・経営・社員共々一度責任を取らせてからの話である。
・上記責任問題がいい加減なので、電力負担及びそれについての賠償責任が被害を受けている国民にのしかかる事が明白である。
・発電・送電の分離自体に間違いは無い。・・・問題は綺麗な形で行なわれるプランではない事だ。


東京電力の問題点
・国民の生活必須インフラ事業が民間大手一社であり、独占企業状態でこと。
・独占企業なので競争相手がなく、民間会社が行なうべき事業形態になっていない。
・必須インフラなのに民間企業所有なので、国や行政が管理を徹底する事ができていない。
・国の根幹事業であるため、整備計画を行なうにしても、民間企業にも拘らず国の予算で事業が動くという事態。
・民間企業体質がそのまま反映されるので、安全性よりも利益を求める体質になりやすい。
・企業団体である以上、日本人以外が経営に加わっても処分する内容が少ない。
・独占企業特有のお役所べたべたの体質になりやすく、政界・官僚との癒着と天下りだらけの利権団体に陥りやすい。



そう、簡単に言ってしまえば、国民に必須の事業にも拘らず一民間企業が国に逆らって事業展開を行う事ができ、国の事業で無いので詳細データを国が受け取ることが困難である。

本来で言えば、こういった生活必須のインフラ整備事業の水道・電気・ガスの大元の会社は国が一元管理を行なうのが国のあり方でいえば常識である。
当然、国の隠蔽体質が問題視されることもあるが、特に原子力のようなどう考えても一民間企業が
扱えば、コストカットの的になることは当たり前である。

世の中においては金を握ったものが実験を握り、その上で会社を支配しているものが絶対なのが商法の基本であり、資本主義経済の欠点でもある。


必須インフラに関して言えば、国が管理する上での各役所の安全性を第一の考慮に入れた費用対効果で役所の評価基準で争うべき話である。

日本の役所の欠点は、試験においての昇格が殆どである事。
要するに今回の問題の根幹の一つにはこの役所の実績重視での昇格及び役人解雇・もしくは左遷の競争原理が無い事とエリート階級が一民間企業で実力主義でなく学歴派閥での利権がそのまま残っている事がとんでもない負の遺産として今回の原発がハッキリする事態となっている。

分離政策で言えば、国が一元管理する上で行う事なら反対はしないが、この案に関しては単純に民間企業への委託と称した反日企業・中国・韓国企業への管理体制を敷くことが目的と考えられる。

今の政権がこの事を行う事が問題なのは正にここの部分の記載がどこにもないことであり、目的も民主党の立場で考えれば明白と考えてもおかしくないからだ。


結論
上記文章は僕の推論であるので、間違いもあると思うんだぁ。

でも、今回の分離政策はハッキリ言って時期が違う。
しかも、今週の質疑で東京電力とそれに関わる人間への賠償責任がないというとんでもない対処を法律案で行なおうとしている。
ちなみに・・・分離政策の大きな欠点は非常時に会社が増えすぎているので対応が非常に遅いという事である。

・・・一度国が電力関連を一元管理する方向で進むのが現在の本来のあり方である。
一元管理できる体制が確定してから分離政策を行う事は賛成するが・・・現在の民主党が考える分離政策は・・・ただの利権を生み、そして根幹事業が民間企業になるという恐ろしい事態を生むだけだ。

現在の民主党が握っている利権・・・情報・宗教・電力・そしてこれから土木と代替エネルギー。
これらが韓国や中国や在日の管理下に着々と侵食されていってしまっている。
・・・まだあと2年も続くのかぁ。
嫌と言うか、確実に危険な方向に向かっていってしまっているなぁ。



いつもながら呆れると言うより殺意すら浮かぶ内容の事ばかりだ。
この政権は利権と彼らの本国と在日朝鮮・中国関連のお手伝いしか頭に無い。


諸外国では当然だが、もう数ヶ月前には大暴動で国会前はその暴徒で溢れている事だろう。
だが、この国は牙を抜かれた日本人が別の国にこれだけ舐められたり虐げられたりしても動けない民族となってしまっている。

無理も無い。
昔のGHQの政策を多少でも勉強した人間ならこういう人間ばかりになることは明白だからねぇ。


だから僕は対処法で投票の呼びかけを行うしかないという結論になっている。

毎度毎度書いているけど、鬱陶しいけど恒例なので書いておきますね。


ちなみに僕はコミュニティを作ってみている。

もしよかったらですが読んでください。
それだけでも良いんです。

僕は常に若者が選挙に行くことを望んでいます。(目的)

投票に言ってくれるのであれば馬鹿にされようが本望です。

出来れば、周りの人に選挙の重要性をちょっとだけ会話に盛り込んでくださいな。www
それが僕の狙いであり、日本を守るために大切な行動だと思うのだから。
http://mixi.jp/view_community.pl?id=5545850
スポンサーサイト

Posted on 2011/07/05 Tue. 07:57 [edit]

category: 内閣/日銀

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/67-4f872bb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top