若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --/--/-- --. --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

消費税日記21 (現在の日本人の生活及び所得格差の現状と経緯と消費税の階級別負担割合)  

ども!
ぽん皇帝でっす!

今回からは消費税についての詳細はほぼ書くことはありません。
消費税の問題となる現象面と現在の問題点を総論として語っていくにとどまります。

よって消費税の細かい問題点を具体的に観てみたい方はこれ以前の日記をお読みくださいなぁ。

では今回は・・・

『現在の日本人の生活及び所得格差の現状と経緯と消費税の階級別負担割合』

について語っていきたいと思います。
ハッキリ言って内容は皆さんが望むような結果にはなっておりませんが、現実上・・・どこまでも若者にはお金が回らない世の中になっている事が示されているだけです。

皆さんはお金を持っていますか?
皆さんは幸せですか?

特に若い世代の皆さんが如何に貧乏であるかを示していきたいと思います。


◎現在の日本人の生活及び所得格差の現状と経緯

そのいきさつをこれからやや細かく書いてみたいと思います。

まずは消費税を語る上で必要となるのが日本の経済成長率でしょう。

○日本の経済成長率をグラフ化してみる……グラフ化とオマケ

世帯属性別の家計収支  総務省統計局
家計調査報告(家計収支編)―平成25年(2013年)平均速報結果の概況―
[PDF]

是非このリンク先をご覧になって頂きたいのですが、この中で注目すべきことは世代別の収入と若者の収入格差と贅沢をどこまでどの世代がうことが可能かというのが大事な視点となります。
その視点を示す場合に一番使えるエンゲル係数がもっとも参考になりますので、そちらをご覧ください。

本当に実態の酷い世代別の差が分かります。
そう・・・若者と老年代の収入を見ると高齢者ばかりがエンゲル係数は上がるが若者は極端に低下している。
これは昔に比べて今の日本は若者に財産を与えない政策の根拠となります。

”通常の国家の場合、どの層が最もお金を使うかというと・・・若者です。”

何せ実家で暮らさない限りは衣食住どころか家具や不動産等が生活に必要なのが若者に偏るからです。
だって一人暮らしや結婚をした時でも親や親せきに何か貰わない限り全部自分で取り揃えなければならないのがこの世代の特徴ですからねぇ〜。

でも、若者は給料が下がるわ食費を削るわで家具も最低限しかなく、支払いは通信費にしか偏らないのが現状であり、エンゲル係数など駄々下がりです。

結婚はおろか子供なんか生まれた日には只でさえ貧乏のところに労働時間の制約や共働きの実態により企業側から使いづらい労働者として扱われ、実態上は給料が伸びず、貧困に喘がざるを得ない実態が今の日本にあるからです。

この消費税を語る上で最も関係するのが若者の需要が不足した上での供給過多による法人税収の減少や高額所得者の高額所得部分の税金引き下げがなされない現実が大きく関係しております。


※まずはここで若者にお金が渡らなくなった現状が需要の減衰を招いた事を理解してください。

その一つの例を挙げましょう。

収入階級別の実収入に対する税負担(平成23年分) 財務省

このリンク先の右のページを観てみましょう。
収入階級の区別に第Ⅰ分位から第Ⅴ分位と表記されております。

2013年はこうなっていました。
第Ⅰ分位 年間収入 0〜336万円
第Ⅱ分位 年間収入 336万円〜444万円
第Ⅲ分位 年間収入 444万円〜582万円
第Ⅳ分位 年間収入 582万円〜800万円
第Ⅴ分位 年間収入 800万円〜


です。

▽実際の2013年の分位別実収入平均は
第Ⅰ分位 年間実収入 298万円
第Ⅱ分位 年間実収入 442万円
第Ⅲ分位 年間実収入 541万円
第Ⅳ分位 年間実収入 656万円
第Ⅴ分位 年間実収入 1135万円


…何故数値がこんなに離れているのでしょう。
要は実際の統計の年間収入と実際の分位別の実収入には開きがあり、第Ⅰ分位の実収入が少なく第Ⅴ分位の実収入がこれだけ多くなっているという事は…それだけ貧富の格差が一気に広がっている証拠ともなります。

例えばですが・・・第Ⅴ分位の収入を1135万円から800万円に減らして統計を取ると・・・格差がより一層わかってしまうから、その実態を隠すためにこのように分位の収入に差をつけているともいえるのです。

▽年間の収入階級別の税負担とそのうちの消費税負担額
第Ⅰ分位 年間税負担合計は22万円 そのうち消費税負担は9万円 
第Ⅱ分位 年間税負担合計は37万円 そのうち消費税負担は11万円
第Ⅲ分位 年間税負担合計は48万円 そのうち消費税負担は13万円
第Ⅳ分位 年間税負担合計は68万円 そのうち消費税負担は15万円
第Ⅴ分位 年間税負担合計は166万円 そのうち消費税負担は21万円

▽年間の収入階級別の全税負担の内の消費税負担額税負担割合は…
第Ⅰ分位 年間税合計のうちの消費税割合 40.9%
第Ⅱ分位 年間税合計のうちの消費税割合 29.7%
第Ⅲ分位 年間税合計のうちの消費税割合 27.0%
第Ⅳ分位 年間税合計のうちの消費税割合 22.0%
第Ⅴ分位 年間税合計のうちの消費税割合 12.6%

▽収入階級別の実収入の中の消費税割合は…
第Ⅰ分位 年間実収入のうちの消費税割合 2.9%
第Ⅱ分位 年間実収入のうちの消費税割合 2.4%
第Ⅲ分位 年間実収入のうちの消費税割合 2.3%
第Ⅳ分位 年間実収入のうちの消費税割合 2.3%
第Ⅴ分位 年間実収入のうちの消費税割合 1.9%



消費税5%の段階でこのような差があるのですから・・・とても公平な税負担になっているとはとても言えない税金です。
でも・・・消費税が伴う売買等に支払う税金は平等です。

もう数値を観るまでもなく明らかでしょう?
消費税は全く公平な税金とはデータ上でも成り立っておりません。

とりあえず、皆さんがどう思うかは各自お任せいたします。



★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2014/09/10 Wed. 15:40 [edit]

category: 消費税

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/679-ee3c9502
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。