若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

6.1 第3回 TPP&日中韓投資協定(FTA)反対お願いデモパレードin霞ヶ関  


●6.1 第3回 TPP&日中韓投資協定(FTA)反対お願いデモパレードin霞ヶ関

※宗教勧誘はお断りです!ヽ(*`Д´)ノプンスカプン

○期日|平成25年6月1日(土)
○集合場所&出発地|水谷橋公園
 所在地:東京都中央区銀座1-12-6
○アクセス
 地下鉄有楽町線銀座一丁目駅7番出口から徒歩約1分
 地下鉄銀座線銀座駅A12番出口から徒歩約5分
 JR東京駅八重洲南口から徒歩約8分
 JR有楽町駅京橋出口から徒歩約8分
○主催|若者からの投票が日本を救う会
○目的|TPP及び日中韓投資協定(FTA)の危険性を周知するため
○集合時間|13:00
○デモ行進|13:30~15:00
○解散|15:00(予定)
○終点|日比谷公園
○連絡先|wakamonotouhyou@yahoo.co.jp
○横断幕
 
○ルート
 水谷橋公園出発→城辺橋左→数寄屋橋→新橋駅銀座口前右
 →虎ノ門交差点右→財務省・経済産業省→日比谷公園解散
 
 Google Mapで見る
○TPP
 [メリット・デメリット]
○日中韓投資協定
 [目次]  [概要]  [本丸]  [メリット・デメリット]
○その他
 [マイナンバーについて]
○シュプレヒコール
 [BLOGから見る]    [PDFから見る]    [縮小版PDFから見る]
○チラシ
 最悪の状況を列記しておりますので、ご注意!
 [TPP]
 [日中韓FTA]
 [ISD条項]    [ISD条項 その2]
 ※プリントアウトされたい方は↑の画像をクリックし、PDFの場合は、
 左上のファイル保存でファイルのコピー保存、印刷で印刷が行うことができます。
 画像の場合は、マウスを右クリックし、画像の保存を行ってからの印刷になります。
 ヽ(´▽` )ノご自由にどうぞ~!!ヽ( ´▽`)ノ

 ※お手伝いしてくださる方は1時間前にお越し下さい。

 歩き疲れた方・もしくは他のイベント等がありましたら
 遠慮なく途中から列を抜けても大丈夫ですよん。ヽ(´▽`)ノ

 ヽ( ´▽`)ノ中年・高齢者の方の賛同者も募集しています。
 若者の投票率を上げる前に、色々な方に政治に興味を持ってもらいたいのと、
 中・高齢者に興味を持っていただければ、若者も興味を持つと思います。 ヽ(´▽` )ノ

○注意事項
 ・日本国旗OKです。(お持ちいただける場合、
  出来れば一般の方々を驚かさないためにマラソンで使われるような小旗でお願いします。)
 ・プラカードもOKです。(過激でないもの推奨)
 ・歩行距離は長いですが、子供やペットのご参加もOKです。
 ・警察からの指示には絶対に従ってください。
 ・現地スタッフの誘導に従ってください。
 ・暴力的行動や危害を加える事は絶対に行なわないでください。
 ・他団体の批判を公言する事を禁止いたします。
 ・宗教勧誘・政治団体への勧誘を禁止いたします。
 ・飲酒の禁止
 ・デモ行進中は歩道や車道など隊列から出ないでください。
 ・一般の方が気軽に参加できるよう、できるだけ過激にならないようにシュプレヒコールを作成し、
  HPやコミュニティもかわいく作成しておりますので、
  一般の沿道の方には威圧的な行為を絶対に行わないようにしてください。
 ・必ずゴミは自分達で持ち帰ってください。
 ・ナンパや飲み会のお誘いは解散を行うまで禁止と致します。(当然主催者も該当します。)

 ※上記事項を守れない方、即デモ参加者とはみなさず、隊列から排除します。
 ※悪質な場合は警察に引き渡さざるをえなくなりますのでご了承ください。


●デモの目的

さて、またデモパレードを執り行うことになりました。
これでTPP等の反対”お願い”デモパレードは3回目になっちゃったのかなぁ。

何故、こんなに立て続けに行っているかといえば、
参議院選挙後に下手すると7月下旬にいきなりTPP参加決議が
衆議院で可決される可能性があるためです。

何故かって?
参議院選挙後の冷静な勢力分布を考えてくれればわかると思います。

アメリカの大統領貿易についての権限が7月に付与され、
TPPの7月及び9月の会合に間に合わせないと参加交渉国としてでの発言しか
日本が行えないという事を言う人間が絶対に政府内にいるためとなります。

そうです。

参議院選挙とアメリカの動向次第で、もうTPPは止められなくなる可能性が高くなってしまうのです。

経済的に多国籍企業の奴隷と化すTPP加盟国の現実が
すぐそこまで押し寄せているといっても過言ではないと言えるのではないでしょうか。

少なくとも、アメリカの立場は輸出倍増計画に基づく政策で
日本に迫ってきていることは間違いありません。

そしてそれを推進しているのはアメリカに税金を払わないがアメリカの会社という認識を
世界中が持っている多国籍企業(グローバル企業)や投資家であるという物凄い矛盾が
アメリカに存在しているのですが、
でもそれは政治献金が民間企業から許すことになれば当たり前の話と言えるのです。

日本においても全く同じ状態です。

・・・とりあえず日本は置いておきましょう。


アメリカの目的は
2013 年米国通商代表(USTR)外国貿易障壁報告書 (外務省)(PDF)

これを観れば次にアメリカが何を望んでいるか、
そしてどの日本の法案とリンクしているかがわかります。

原文はこちら。
2013 National Trade Estimate Report on FOREIGN TRADE BARRIERS(USTR)(PDF)


ご興味のある方は是非読んでみてください。
これを読めばアメリカの外交政策がそのまま書いてあるのですから。

TPPについて確実に参加国とならない事が日本の国益に叶う事は間違いありません。

外交政策を論じる場合、大体悲しいことに日本は譲歩という一番してはいけない外交からのスタートが
前提となっている外交交渉が主流であり、
現在もずっと続いているという事を踏まえないといけないと思います。

証明は・・・皆さんの方が詳しいくらいでしょう。
年次改革要望書や日米構造協議・スーパー301条等・・・
いくらでも悲しい結果のソースがありますから・・・。

日本が景気回復するときは必ずアメリカから景気回復抑制の外圧がかけられる歴史は
これからも今のままでは変りません。

そういう意味では冷静に第三者の国の視点で考えるのなら、
実は日米安保条約は中国やロシアに対するアメリカの牽制力以外には
日本には何も良いことがない。

日本の防衛力を高めて外交バランスを少しでも上昇させなければ
日本の政治的・経済的・軍事的独立国家の形成は無理でしょう。

アメリカやロシア・インド・中国・EUとのバランスを本来は重視しなければならないのですが、
それができる政治家が常に不在である現在・・・
かなり絶望的な展望しか冷静に考えても望めないのが実態であると思います。

本来なら日本の場合、隣接国とは国の在り方で言うなら
ロシア・中国・韓国・アメリカは敵国となるはずなのです。

その上で、ヨーロッパ諸国やインド・東南アジア・中東・アフリカは日本の利害関係一致の上での
友好国となるのが本来の国の外交バランスとなるのが定石です。


皆さんも薄々は気付いている事でしょう。

この国は本当の意味での保守ではなく、
国益に叶う事を最重要課題としてやるべき事を実行していく第三政党が
生まれない限り、この国には独立国家としての展望がない現実を・・・。


今はそんな政党は現実にありません。

実に全政党が悩む候補者擁立の陰にある高すぎる選挙資金と保証のない出馬リスクについて
候補者が実は国民から出すことが出来ない現実を・・・。

だからこそ、この国は献金を行う人間と官僚と外国の金の流れと外圧が支配する事を
是正出来なければこの国は疲弊するだけの現実を。


そういう日本が本当の意味での独立国家を形成して日本が本当に国際的に

”国である”

という事を認めてもらうために・・・。

その前に日本が日本でなくなる・・・
要するに日本の国家体制の崩壊による日本という名前だけの国家になり下がる可能性が
非常に濃厚となるTPPへの参加をまずは止めないとならないのです。


その前にTPPなんぞに入ったら
一体誰が法人減税・労働移民受け入れ・各種自由競争緩和や新製品の査定が
現実上できない検疫・過保護の知的財産の暴走のリスクと払うのですか?

勿論お金の話です。

なけなしの一般国民が増税によって上記のようなリスクを支払うに決まっているでしょう?


TPPに参加しなければ世界においていかれるというのなら、
どうして日本だけ独自の技術発展で
日本の部品が世界シェアをとってきたのか考えてみてください。

時には確かにあほ過ぎる技術で世界水準から置いてけぼりになったものも多数ありますが、
日本は独自の発展で世界を技術でリードしてきた現実があるのです。


さて、TPPは本当に皆さん必要ですか?

世界に打って出る必要はありますか?

増税になる結論がわかっている事を望むのですか?


今やるべきことは自分でどの政党に投票するかを
自分で候補者の政策を調べて確かな政治家を選ぶことに尽きるのです。

僕はどの政党に誰が入れようが関係ない!
というか、強要するような話では本来はない!

それは国民全員の総体が望むことであって、
たとえ自民党が勝っても民主党が勝ったとしても、
それは残念ながら国民の意見の総意なのです。


マスコミの誘導もありますが、それが民主主義国家なのです。


だからこそ、僕はこのTPP反対のお願いに留まってデモパレードを
過激に絶対にしない行進を行うのです。

一般人に知ってもらってこの国の議論を深めてほしいのです。

そして、誰がどんな情報の何をパクろうともTPPの現実を国民の方々に知ってもらいたいのです。

それをどんどん拡散し、色々な団体がTPPに反対するお願いを各地で行ってほしいのです。
お茶の間だけでも良いのです。

誰がどんなことをいくら真似しようがTPPのような民主主義や国体の崩壊だけでなく、
自分たちの生活が落ちるところまで落ちる
この馬鹿すぎる協定から足を洗ってほしいのです。

”政治の会話に特許はない!” 

”誰が何を言おうが、
第一人者が言ったから発言をするのが恥ずかしいという事はあってはならない!”

”どのような政党であろうが正しい事は評価し、間違った政策は議論を重ねて反対していく!”


それが重要なのではないでしょうか。

どんな優れていると思われる人間でも
”間違った政策は間違っている!”し、
逆にどんなに卑下できるようなカスな人間でも
”正しい政策は正しい!”事に間違いはないのです。

TPPについては調べれば調べるほど大多数の一般人からみれば無茶苦茶被害が大きく、
国益を考えれば最低水準の政策協定であると言い切れます!


僕の予想では郵貯と簡保は財界のおもちゃになる事を止めることは出来ないでしょう。
(当然止めれれば止めるに越したことはありません!僕は一人になっても訴えていきますが。)

それを捨ててでも他に守るべきものが多数あるのです。


お願いです。

TPPを皆さん!
一刻も早く知識を得る事に毛嫌いする事無く
TPPの情報を知って一人でも多くの人に伝わる事に協力してください!

それが今の日本を守る唯一の行動だと僕は思います。


※少なくともうちのデータは全て転載だろうが改正だろうが
勝手に自分の意見として載せようが全てOKです!
時事ネタはお互いがパクりまくるくらいが丁度良いのです。

※目的は一つ!
TPPの知識の周知です。
正しいかどうかはその人に任せます。

おらのデモパレードはきっかけで良いので、
とにかく皆さんでTPPを周知していきましょう。
・・・とにかく時間がない!!!



ヽ( ´▽`)ノ皆さんよろしくお願いいたしまーす!ヽ(´▽` )ノ




若者からの投票が日本を救う会   一同より




★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2013/06/05 Wed. 20:56 [edit]

category: デモ告知

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/765-cd4721f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top