若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

施政方針演説の検証(女性が輝く社会)  その1 子育て支援員制度  

ども!
ぽん皇帝でっす!
今回も施政方針演説についてですので、各分野ごとに分けて日記を書いております。
ご興味のあるところだけお読みいただければ幸いです。
では、『女性が輝く社会』その1の検証を行います。

具体的には保育士等がいれば無資格者でも保育士の仕事が出来る箇所となります。


○僕なりの結論

簡単に言ってしまえば緊急の補充と安月給労働者の確保を目的とした保育従事者の創設による保育士等の確保となります。
主婦の方々や高齢者を用いて小規模保育や児童預かり等を充実させることを目的としています。
賛否両論あると思いますが、中途半端で根底的な問題は実はこれでは解決できません。


※これ以降はご興味のある方のみお読みください。
※自由民主党を応援している方は是非僕の日記に反証をしながら読んでいただければ幸いです。
(コメントで反証を書いていただいても結構ですが、単なる批判は只の誹謗中傷にしかならないので、全く意味を為さない事をご留意ください。)


☆本題

原文
================
四 誰にでもチャンスに満ち溢れた日本

(女性が輝く社会)
 その担い手として、これまで子育てに専念してきた女性の皆さんの力にも、大いに期待しています。「子育て支援員」制度がスタートします。子育ても一つのキャリア。そのかけがえのない、素晴らしい経験を活かしてほしいと思います。
================



○僕なりの検討と解釈

要はこれから産後の女性の方には子育て支援員ですが、支援員…実は資格が必要ありません。
保育従事者が大体過半数を超えていれば他の方は支援者として研修を受ければ保育士の仕事が出来てしまうという事になります。

子育て支援員研修科目の取りまとめにあたって 厚生労働省[PDF]
「子育て支援員(仮称)」の創設について(案) 内閣府[PDF]

小規模保育、家庭的保育、ファミリー・サポート・センター、一時預かり、放課後児童クラブ、乳児院・児童保護施設、事業所内保育、利用者支援事業、地域子育て支援拠点事業等が該当する事になりますが、規模により該当条件も変わってくるので、相当の混乱が予測されます。

この支援員に主婦の方が採用される事を想定しているのだと思います。
果たしてうまくいくのでしょうか。

相当の疑問が浮かびますが、実は僕はこの支援員制度についてはやや賛成の立場を取りたいと思います。

実際に他のヨーロッパ諸国においては子供を預ける場というものは地域ごとに定められた託児所が存在する国があり、それは非常に細分化されて各地域ごとに存在していたりするからです。

ただ、今回の件については地域毎における児童預かりがしっかりしている訳ではなく、また諸外国のように病気を発症していても現在の児童保育制度では親に対して強硬的に保育拒否を行う現状がある以上、本当に抜本的な改革が必要であると僕は認識しています。

ただ、この自民党案・・・恐らくですが民間企業の参入を予定しておりますのでかなりの懸念材料がそのまま残っている事となります。

そう・・・恐らく富裕層と民間企業の過剰なサービスそして公共事業の後々の削減によるサービスの差が開く可能性が全く考慮されていない可能性が高い事に大きな問題があります。

という事で、今回においては対策をお読みいただき、各自自分たちで考えて観てくださると日本の為になるのではないかと思い、今まで考えていた対策を書き留めておきますので、ご意見があればどしどし書いてみてください。
その都度ここの対策の文章を改変しようと思っていますのでよろしくお願いします。

教育こそ最大の重要課題であり国の根幹を成すです!!!


○対策

・地域を決めて高齢者住宅を託児所に置き、地域性を高める。
・空き家を利用し、一時的な託児所として公募等により選出する。(10年契約)
・児童保育士という資格を新たに創設し、子供の簡単な病気等にも対処できるスキルを付け加える。(看護師等の資格があれば研修で取得可能とする)
・児童保育士等が常設されていればボランティア活動による高齢者や学生等の活用を相当数可能とする。(ボランティア事故防止によるボランティア活動中の罰則規定を常識範囲内で創設し、ボランティアを行った学生には大学等の授業料特典や入試点数加算特典を創設する)
・児童施設と小児科や病院との連携を深め、即時対応できる緊急病理児童運搬用車両を救急車と同様の交通事情で交差点等を渡れるようにして対応する。(資格者同席にて対応)
・児童施設等の教育現場における宗教勧誘等の禁止
・少々の39度以下の児童施設預かりを法的に認めさせ、看護師の資格もしくは児童保育士等を最低一人常駐させ、親が希望した場合は病院や地域の内科や小児科に連れていくなどの処置を行う。
・日曜休日には公立学校を開放し、各地域のイベント等を拡充させて常に子供用のイベントを充実させる。(国費により無料になるが、個別イベント予算には1か月に一度巡回する市役所等役人の監査を常に行う。)
・教育関連国費による寄付行為には高額所得者や法人に関わらず多少の節税効果を導入する。
・高齢者在宅による寝たきりを防ぐために、託児所と同施設に高齢者集会所を公募する一般家庭に置く。(但し宗教勧誘等は禁止する)
・託児所や学童・保育園等の時間を延ばし、延長保育による遅い時間には地域ごとに指定した高齢者が託児所の勤務を行う。(特に片親を優遇する)
・大規模開発には児童用イベントを行える規模の公園設置義務を課し、極小の無駄な公園義務を排除する。(公園面積の拡充)
・教育育児予算を3倍に増やし、その分を外交予算から削る。



★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2015/05/31 Sun. 20:40 [edit]

category: 演説&代表質問

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/813-a57d33fa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top