若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

有事の時はJアラートが鳴る。  

ども!
ぽん皇帝です。

何故かこの頃ネトウヨの間では北朝鮮からの攻撃はあり得ない等の情報で現実逃避して安心感を得ている人間が多いようなので一言。

内閣官房は最近下記のホームページを大幅リニューアルを行っております。

北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合における全国瞬時警報システム(Jアラート)による情報伝達について|内閣官房国民保護ポータルサイト

この意味が解りますか?
上記ページから引用します。

「屋外にいる場合 には、直ちに近くの建物等(できれば頑丈な建物や地下街等)に避難してください。」


頑丈な建物や地下街等に避難する事を呼びかける準備をしており、Jアラート(不快な中音域のサイレンなのですぐにわかります)を行う準備があるという事を内閣官房が発表している意味をよーく考えてくださいね。

J-ALERT(全国瞬時警報システム) 実際の放送例[youtube]

この意味は最悪の想定が内閣官房自体があり得る事を公表している事と同じです。
という事で、こういう場合に一番重要な事。

それは北朝鮮指導者の立場になって考えてみてください。
ここでは想定は3つに絞って書いてみたいと思います。
(他の想定もありますが重要なのはこの3つだと思っています。)

○想定1
下記のニュースの意味とそのニュースを金正恩が観た時、自分が金正恩となった立場で考えた時、生き残る道は核放棄しかありません。
だが、核放棄に応じれば今までの核開発のために犠牲となっている北朝鮮国民が黙っているでしょうか。
僕が国民なら金正恩を絶対に許しません。

北朝鮮のスパイは世界中にいるのにこの道を金正恩が採用した場合はスパイに恨まれ殺されます。
それ以前にアメリカは国連を通じて核放棄に応じたとはいえ世界を混乱に導いた金正恩をイラクのフセインと同様に死刑に処すことでしょう。
よってこの道は金正恩が生き残る道とはなる可能性は極端に低い。

○想定2
金正恩が中国に亡命する線です。
そもそもマレーシアを怒らせ、本来の第一後継者であった金正男の子孫がいる以上、金正恩が中国に必要な統治者である理由がありません。
また下記のニュースの通り、中国は金正恩体制に対するアメリカの圧力の影響や呼びかけにも応じない事により中国亡命の道は極端に可能性が低くなりました。

現状、今から中国に取り合ったところで亡命は厳しく、亡命したところで残された北朝鮮機関の人間の恨みで殺される可能性もあれば、中国に亡命した直後にアメリカに金正恩を引き渡され殺される可能性が非常に高いためにこの線も非常に厳しい現実があります。
よって中国亡命は現実的ではありません。

同様にロシア亡命も現実的とは考えにくいと僕は推測しています。
ロシアも金正恩の亡命に応じた場合のメリットがあまりにも少ない。
どの国も北朝鮮においては金正男の息子に政権を委譲し、核放棄を達成して北朝鮮のインフラ投資と安い人件費で一儲けしたいのですから金正恩をかばう理由がない。

ロシアが恐れるのは北朝鮮にアメリカ軍基地が存在するようになることでしょうが・・・いかんせんアメリカ軍も地政学上で考えれば中国やロシアに囲まれている北朝鮮の土地を隣接する韓国と同様に存在させるのはリスクが大きすぎる。
それ以前に金正恩体制になってから叔父の張成沢が惨殺処刑されて以降中国との国交は表立った中では存在しているように感じませんので、中国としても金正恩をかばう理由はありません。

あるとするなら北朝鮮陥落による大量難民の発生もしくは北朝鮮陥落による米軍の北朝鮮領土による軍事進攻による影響を懸念する事態といったところでしょう。
ロシアも同様にアメリカに対して介入できるほどの力はありませんので中国と同様の結果となる可能性は濃厚です。
恐らく中国は容赦なく北朝鮮難民を中国国境線にまたいだ瞬間に大量虐殺を余儀なくされる事でしょう。
北朝鮮のゲリラスパイがいる可能性がある以上当たり前の措置となります。

北朝鮮が中国からの呼び掛け無視か、米国との緊張高まる中-関係者|ブルームバーグ|2017年4月17日 17:46 JST
中国、中朝国境で「緊急24時間態勢」 放射性物質など拡散に対応、半島有事を想定か|産経ニュース|2017.4.17 20:59

○想定3
火病による玉砕覚悟のミサイル発射実験及び核実験によるアメリカミサイル攻撃と同時に発射するノドン飽和攻撃です。
金正恩体制の現在は中国から石炭が止められ、アメリカの主力空母が最大威嚇の1隻ではなく2隻が北朝鮮対する準備を行っている現状において金正恩はICBM(大陸弾道ミサイル)のぶっつけ本番の実践と実験を同時に行う可能性があります。

空母艦隊が1艦隊ならいざしらず2艦隊というのは既に威嚇の範疇をすでに超えています。
アメリカのレッドラインはもう既に超えているのです。

アメリカの第7艦隊だけでも潜水艦を含め1000発以上のミサイルを打ち込む能力はありますが、北朝鮮は困ったことに天然の山岳地帯であり、天然の要塞を工事した地下や山岳に兵器を忍ばすことによってミサイル攻撃に備える事ができる地形を考慮した場合、首都平壌は海から平地で連なっている以上半月もあれば陥落するでしょうが、ゲリラ化し、拡散した移動式ミサイルを搭載したトラックはどこに存在するのかを把握するのは事実上無理でしょう。

湾岸戦争における砂漠とは訳が違います。
どちらかというと森に囲まれたベトナムと同様ゲリラ化されると非常に厳しいのがこの北朝鮮の山脈です。

ノドンは現在の情報では液体燃料での発射となるので、そこはアドバンテージはあるでしょうが最もポピュラーな非対称ジメチルヒドラジンと四酸化二窒素の毒薬の組み合わせだった場合はミサイルに液体燃料を入れっぱなしであっても長期間保存が出来るために発射台が移動できるノドンだった場合は補足は今までの北朝鮮の経緯を考えると、地下を数年かけてあちこちに掘り進んだ可能性を否定できない。

北朝鮮のこういった政策が既に実行されている場合はどうにもならない。
そもそも金正恩体制では兵士の命は異常に軽いので液体燃料の毒物による人命を脅かす恐れなど大した考慮を行うとは到底考えられません。

さらに巧妙に作成された対衛星察知をかいくぐっているミサイルサイロがあった場合は尚更やりようがない。
そもそも第二次世界大戦における日本の追い詰められた現状であるABCD包囲網と同様の事をアメリカや日本がけん制で行っている現状に果たして金正恩が火病を起こさずにずっとストレスをため続けることが出来るか・・・。

似ている状況として当時日本は何故戦争を行わなければならなくなったのか。
あまり歴史の例を持ち出したいとは考えませんが、皆さんが第二次世界大戦の頃の説明を雄弁に語るのに何故その懸念を無視しようとするのでしょうか。

窮鼠猫を噛む・・・僕はこの北朝鮮の状態を考えると良いイメージが浮かびません。
数%とはいえ非常に危険なシナリオを無視して日本は軍事介入はあり得ないと考えるのか理解に苦しみます。
ノドンの最終速度は秒速3kmまで到達し、爆発は上空で行われるのに迎撃が行えると考えるのは無理があります。
特にレーダー補足から計算を行ってミサイルを迎撃するシステムであるイージスBMDシステムは飽和攻撃に対しては2~3発の限度があるようですので対応できると考えるのは厳しい現実があります。

ノドンは既に現在200発以上準備されている可能性が高いようなので、数の暴力で対応された場合・・・わかりますよね。
ではミサイル迎撃システムを用いて迎撃出来たとして、イージスBMDやPAC-3の射程を考慮した場合や仮に迎撃が可能だったにしても必ず弾頭部分を上空で完全に破壊できると思う方が非現実的です。

当然ですが、破壊された弾頭はマッハ9で地表に落下してきます。
そのミサイル迎撃された残りの部品の落下による衝撃波と地表によるミサイル迎撃が行えたとしても弾頭が破壊できなかった場合及び核弾頭が弾頭部分が破壊しきれずに着弾した場合は軍基地ではなく民家で大爆発を起こすことになります。

弾頭部分が生物兵器や化学兵器だった場合は目も当てられません。
その時、インフラが整っていたとして、地震と違い北朝鮮のゲリラが不定期に準中距離弾道ミサイルを定期的に飛ばしてきた場合・・・北朝鮮との交渉はどうなるのでしょうか。
味方を裏切った人間を許さない北朝鮮軍が命を捨てる事に対して覚悟がないと思う方が不自然です。

ゲリラ化した金正恩軍との和解が今の日本の弱腰外交にどのような結果をもたらすのでしょうか。
アメリカはベトナムで大変な敗北をどのように喫したのか・・・。
ゲリラとはそれだけ厄介な状態であることはベトナムだけではなく、現在のイスラム国の状況を観れば容易に想像がつくはずです。
それなのに有事のアラート後の国民側の準備を馬鹿にする内容が多く見受けられますが、大丈夫ですか?

僕は既に自分の子供たちにも対処法は伝えましたし、非常時の準備は終わりました。
北朝鮮は日本に攻撃できないし、北朝鮮の金正恩が既に救いのない道しかない状況に追い詰められている政権は裏切り者は身内の家族全てを殺す政権であるこの要素が何を意味するか・・・。

特に朝鮮民族特有の火病まで考慮に入れると僕は全く笑えません。
最悪の想定である数%の事態にならない事を心から祈っています。
Jアラート後の事を準備する事を笑うのは、ハッキリ言って最悪の結末の場合は人殺しに等しい行いに結果としてなりかねないという事を僕は強く意見として述べたいと思います。

有事に備える事は恥ずかしい事ではないと僕は思います。
有事が無ければ水や食料は消費期限内に食べればいいじゃないですか。
トイレットペーパーやティッシュ・おしりふきも有事が無かったとしても困る事はありません。

目標は関東と沖縄の可能性が高いのですから、この心配は特に関東や沖縄の人間が心にとめておけばよい話題なのかもしれませんが僕は責任は当然持てません。
ノドンは運用としての信頼度は相当高い精度運用となっているでしょうが、着弾する場所が本当に正確に到達するのか・・・これすら不確定要素が強すぎます。
そう・・・不確定要素が大きすぎてどれもこれもわかりません。

皆さんはどのようにお考えでしょうか。
僕は一人でも多くの日本人が助かる事を願っております。


★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2017/04/19 Wed. 09:26 [edit]

category: 防衛/エネルギー

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/956-77eca1df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top