若者からの投票が日本を救う!!

ヽ(´▽`)ノ選挙は自分と自分の大事な人の未来の為に行くんだって事を感じてほしくて活動を始めました!ヽ(´▽`)ノ

「こうのとりのゆりかご」から10年  


こんにちはー!
まいるど瑞穂です(`・ω・´)

「赤ちゃんポスト」10年、125人の託された命 熊本・慈恵病院、理事長「役目果たせた」|2017.5.9 13:26|産経
赤ちゃんポスト10年の現実 120人以上の命救う|2017年5月6日09時45分|朝日

今日でこうのとりのゆりかご設置から10年が経ちました。

それに関連してこの残念なニュースもありました。
神戸の「赤ちゃんポスト」断念=常駐医師確保できず-NPO法人|2017/05/09 15:02|時事通信社


まず、名称ですが、正式名称は、「こうのとりのゆりかご」で、メディアによる蔑称が「赤ちゃんポスト」です。
なお、設置当時の政権は、第一次安倍政権で、「当時の安倍晋三首相が「大変抵抗を感じる」と述べるなど、国も距離を置いた。」と国も否定的でした。

批判の一つに「育児放棄を助長する」とありますが、朝日新聞のリンク先にこうのとりのゆりかごに実際に赤ちゃんを託した親御さんは貧困が一番多く、育児放棄は全体の大半を占めていません。

そして、国が否定的な態度をとったために、法的にも制限が生じているのも事実です。

こうのとりのゆりかごに託された赤ちゃんは、自身の生みの親を知る術は生みの親が名乗り出ない限りないものと講演会等での話を聞いています。
法的に、生みの親の親権及び養育権の放棄、養子親への不干渉(子どもが大人になるまで教育等に口を出さない、生みの親への面会は子どもの意思を一番に尊重する等)、特に権利関係を明確にしないと、トラブルが生じてしまう可能性も否定できません。
(特別養子縁組を含めると複雑になるので、ここでは割愛します。一応、特別養子縁組をすると実方との縁は切れますが知る権利は残っています。)

望まない妊娠はしないに越したことはないけれど、不妊治療しても授からないご夫婦がいるように、赤ちゃんは欲しいと思ったから生まれるものではありません。
すでに宿った命があるのに、批判をしても、宿った命をなかったことにすることはできませんし、その子の命は親のものでもなく、その子自身のものであり、人生を歩むのもその子です。

生みの親は生まれてくる道を作り、育ての親はその子が大人になって自立する道を作る、それが否定されるものなら、日本に養子縁組制度は存在しません。
その前提があると、ステップファミリーも離婚も否定されるものになるでしょう。

これから外国人が増えますので、外国人の国籍欲しさも含めた赤ちゃんを託す事例も増えるかもしれません。

出生地主義ではなく、血統主義の日本では、日本人を産めるのは、日本女性だけです。
(アメリカのように移民国家になったら、出生地主義に変わるかもしれませんが、今の現状は血統主義ですので)

我が国にとって、赤ちゃんとは何か、子どもを育てるとは何か、皆がきちんと考えるべきではないのか、といつも思うのと共に、1人でも多くの赤ちゃんの命が助かることを切に願います。

赤ちゃんを授かったのは予定外だけれど、なんとかしたい、頑張りたい、赤ちゃんの命は助けたい等を前向きに考えてくれる子の気持ちを踏みにじらない社会になってほしいと切に願います。



★☆★☆★若者からの投票が日本を救う!!★☆★☆★

★★WebPage ★ Blog★★

☆☆SNSコミュニティ☆☆
mixi ☆ my日本FreeJapan

★★ページ等★★
mixi Page ★ FaceBook ★ Twitter

☆☆動画☆☆

横断幕

コーラー・トラメガ持ち・チラシ配りを
デモ当日にお手伝いしてくださる方、随時募集中でっすヽ(´▽`)ノ
お手伝いしてくださる方は、こちらまでご連絡ください!
(´▽`)つ wakamonotouhyou@yahoo.co.jp

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
スポンサーサイト

Posted on 2017/05/10 Wed. 15:51 [edit]

category: 副主宰記事

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://ainippon.blog.fc2.com/tb.php/958-58707b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フリーエリア

カレンダー

最新記事

カテゴリ

全記事表示

検索フォーム

リンク(※あいうえお順)

QRコード

プロフィール

最新コメント

蝶が舞うリースの時計

株価チャート(簡易版)

天気予報

株価ボード(β)

ドラゴンレーダー

毎日の花の色と四季で風景が変わるブログパーツ

色合わせ(高難易度)

アクセスランキング

RSSリンクの表示

@20140905


▲Page top